祝杯~お母さん業界新聞横浜版創刊

お母さん業界新聞横浜版が創刊しました。

私は編集長ですが、見習い編集長。
日々、はじめてのことに触れ、はじめての人に会い、はじめての仕事内容・・・
全てが初めて。
改めて「お母さん大学」の意味と「お母さん業界新聞」を30年間続けてきた本部やエリア版の編集長、
そして
「わたし版」を書いている全国のお母さん大学生の皆様のスゴさを、ビシビシ感じています。

時間が足りない!
でも、創刊のお祝いに、少しだけ乾杯しようと仕事後に街へ。
行き先を決めていなかったので車を走らせながら、ウロウロ。
〇年前にお母さん業界新聞社があった横浜市中区の繁華街、伊勢佐木町へ。
その頃よく訪れていたというお店「長八」にお邪魔しました。なかなか趣がある!

座敷の部屋で美味しく食事をしていると、
なんだかソワソワ。
3台並んだ机が空いている。
じゃあ、折々おしゃべり会しちゃおうか!
結局ビール片手に新聞を折り出しました。

お店の方にお断りをして、
店内にいるお客様へ新聞を手渡し。

お母さんはいなかったですが、
お父さんに渡すことで、お母さんに届くのです。
つまりは夫婦のコミュニケーションとなるツールとなるのです。

おじいちゃんに渡したら、
それは娘なのか、あるいはお嫁さんなのか。
何て言って渡すのかしら。
想像すると楽しくなります。

うちはもう孫がいるから~
うちは横浜じゃないから~

そう言いながらも、笑顔で受け取っていただきました。

これから横浜のあちこちで、
たくさんのお母さんたちが新聞を手渡ししていきます。
断られることもあります。
宗教ではないかと疑われることも。

だけど、ありがとうございますと、喜んでくださる方もたくさんいるのです。

10人に断られても、
1人のお母さんが笑顔になればそれでいいのです。
それが、
新聞活動であり、私たちがやるべきこと。

どんどん発信しよう。

笑顔のお母さんが増えることで、「わたし」が輝き出す。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。