同じ日はこない

小さな息子をベビーカーヘ乗せて外へ。

娘が乗ったベビーカー。

お昼寝したくない、布団では寝ない娘を乗せてスーパーをぐるぐるまわって寝かしつけた相棒。

今は小さな息子がベビーカーにうずもれてる。

小さな手。
小さい体。

でももう明日は少し大きくなる。
1か月経ったらもっと!

同じ日は二度とこない。

日に日に大きくなって、あっという間に私たちのもとを巣立っちゃうんだろうな。

再び引っ張り出したベビーカーを押しながら、
娘がもうベビーカーには乗らないこと、
息子のこの手もすぐ大きくなること、
に気づいて涙が出そうになりました。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年長の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/