お母さんの大きな勘違い~三つ子の魂百まで

お母さんは、あなたを生んで3年が経ちました。

『三つ子の魂百まで』

その分を過ごして、お母さんはこう思うようになりました。

 

『お父さんはいいな。

お父さんは1人で仕事に出かける。

お父さんは誰かとおしゃべりができる。

お父さんは1人でお店に寄ってこられる。

お父さんはいいな、

自分のペースで歩いてる。』

 

お仕事に出掛けるお父さんが羨ましいのです。

 

あなたとお母さん、毎日2人。

『なんでもない日を大切にしよう』

その思いを胸に、子育てを始めたのに、

いつからかお母さんの心はねじれてしまいました。

 

 

『私だって、1人で出かけたい!

私だって、誰かとおしゃべりしたい!

私だって、お店でゆっくり買い物したい!

私だって、歩きやすいスピードがある!』

 

そんなことばかりが心を覆って、だんだん気持ちが曇っていきました。

 

でも、そうじゃなかったの。

だってね、

 

お父さんは、

1人だけで仕事に出かける。

楽しいことを伝えたい時、私たちはそこにいない。

お店でも1人。

歩くとき一緒に手をつなぐ小さな手は、そこにない。

 

それにね、お父さんはお母さんが『私だって…』って思ってること

みんな叶えてくれていました。

時々見かねて言われる

『1人で好きなところに出かけておいで』の一言でね。

 

お母さんの心はねじれていました。

 

毎日あなたと、髪を振り乱しながら、

言う事を聞いてほしくて、必死に説得したり、

止まらないおしゃべりで家の中があふれそうで、あ〜!と叫んだり、

「漏れちゃう!」と急に言うから、トイレへ駆け込んだりして、

時には、疲れて、頭を抱えて何も言えなくなる。

 

 

そんな自分に嫌気がさして。

 

 

それでも毎日、

『おかぁしゃん、しゅき~。』と言って駆け寄ってもらえる私。

 

 

お母さんは、大きな勘違いをしていました。

 

 

お母さんに抱っこしてほしくて走ってくる、小さな足音。

夢中で遊んだあとにお茶を一気飲みする、お口。

伸びた髪をうまくかき分けられない、おてて。

内緒なことでもない、コショコショ話。

 

そんな姿が見られるお母さんの毎日。

 

お父さんは、

その半分も見ていないんだよね。

 

 

三つ子の魂百まで。

お母さんが、あなたにあげられた『三つ子の魂』は

『なんでもない日を大切にすること』です。

 

お母さんの心はねじれていたけど、

あなたとの日々はとてもカラフルで、新しい発見に満ちていて、

そしてもう2度と戻らないんだった。

新しいページをめくっていくからね。

そう思えたら、少しねじれが戻りました。

 

お父さん、やっかんでごめんね。

こんな状況になった今、私たちは

あともう少し、毎日をそばで過ごせる日々がもらえた。

3人の“なんでもない日”を大切に過ごそう。

8 件のコメント

  • 私も勘違いしてました・・・
    お父さんはいいな、ひとりで行動できていいな、って毎日思ってたし、今も思ってる。
    私はトイレすらゆっくり行けないのに。
    でも、お父さんは、ほんとはもっと子どもたちといたいのかもしれないな。
    なんか、ちょっと、お父さんごめん、って気持ちになりました。

    • そうなのですよね。
      私も、お父さんはたしかに単独行動であるけれど、その心情まで思いを馳せたことがありませんでした。
      仕事をがんばってくれてる分、私も家事をしてる。とか、そんな所でした。
      でも、仕事が休みの日の夫は実に、子どもを求めて過ごしている。
      そんな姿を見ていたら、自分がどれだけ幸せかを考え直しました。
      でも私も智子さんも、こうして気付けたことが何よりな気がします(^-^)

  • うんうん! 子どもが大きくなって分かることってたくさんあるよね。
    振り替えってみて子どもとの日々がかけがえの無いものだったり、お父さんが頑張ってくれてることとかに気づけたり…。

    時間は戻せないし、ねじれてしまったことはあるけどその時は必死だったの。 頑張った自分にもはなまる!あげてあげよう。
    そして、新しいページも楽しみにあけましょ。

    • ここまで来られたから、こういう心情にやっとなれるんだと思う!
      そしてそれに気付けたのは幸せなこと。
      これまでのことに何も後悔はしてないよ!
      ねじれていても、それが等身大の子育て。

  • 三つ子の魂百まで。

    お母さんが、あなたにあげられた『三つ子の魂』は

    『なんでもない日を大切にすること』です。

    ・・・しびれました( ;∀;)
    目の前のこと、すべてをビデオや写真に残せないですもんね。
    ねじれてもどって、ねじれての繰り返し、
    そうして母は段々強くなっていくんですね。

    • ねじれて戻って、またねじれての繰り返し…
      本当に本当にそんな日々でした。

      何度も洗ったタオルやリネンのように、しなやかさも出てきますように…
      またねじれたら、きっとここに書いて、もう一度戻るのだと思います(^-^)

  • あぁぁぁぁーーー(涙)
    泣きそうになりました。素敵な記事をありがとうございます。
    毎日毎日、なんでもない日の繰り返し。
    きついなー、疲れたなー、ゆったりゆっくり自分のことしたいなー、って、思う日もあるけれど、
    一緒にいる、それだけでストンと娘を愛せる日もくる。
    ねじれを感じつつも、いまをめいいっぱい楽しもうと思います!

    • ありがとうございます(T_T)
      ストンとなる日、ありますよね…何か天から助けの手が来たようなあの感覚(笑)
      ねじれを戻してくれるのも、また娘の愛おしさでした。
      めいっぱい楽しみたいですね!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    吉村優

    横須賀支部「みよむら」の“むら”の方です(^-^) 2016年11月生まれの娘と、ジャイアンツ命な年上夫、 そしてサザエさんみたいな私の3人家族です。 元放課後児童支援員。子どもたちの「鬼大魔王」でした。 海風と、アメリカの風薫る横須賀に住んでいます。 笑えた日も泣ける日も、みなさんと共有出来たらと思っています。(^-^)