3.11 9年目に思うこと

2011年3月11日は娘の中学校の卒業式だった。
式のあと、母友だちとファミレスでおつかれさま会をしていた時
外の電線がゆ~らゆ~ら揺れた。
みんな、それなりの年齢だったので「あれ?目まい?」「更年期?」と
笑ってたら、店内のあちこちで「なんか大きい地震だってよ」とざわざわしだした。
自宅マンションにいた家族から「えらい揺れたけど、お母さん大丈夫?」と連絡あり。

阪神淡路大震災を思い出した。

その年の7月30日、お母さん大学恒例の乾杯の日。
大阪から高校生になった娘と一緒に参加、
老若男女が東日本大震災についてグループに分かれて話し合った。

娘は阪神淡路大震災を知らない。
大学生のお兄さん、お姉さん、おばちゃん、おっちゃんたちと
どんな顔して話し合ったんだろう。

発表のときの娘の言葉は
「うちらが大人になる時はどうなるんですか?」だった。

あれから9年。
東北では去年の台風被害の爪痕も残り
まだまだご苦労されている様子がテレビに映った。
今もまだ進行形の辛さ。
小さかった子どもたちが大人になっていく。
時間はどんどん過ぎ、まだまだ先だと思っていた未来なのに
気づくと次から次へと出てくる問題や災難に追われる日々。

でもやっぱり未来を夢見たい。
子どもたちとともに、全国のお母さん、がんばろう。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪