牛乳屋を営んできた両親へ、42年間のありがとう。

私は牛乳屋の娘だ。

私が1才になる頃から、
牛乳の販売店を営んできた両親。

早朝2時か3時には起きて父は配達へ出かけ、
4時起きで、朝ご飯の支度をする母。

それが私たち家族の365日だった。

朝起きると、一日も欠かすことなく
食卓には、お味噌汁やおかずが準備されていた。

それが、どんなに大変なことなのか。
それが、どんなに尊いことなのか。

母になった今だからこそわかる。

自営だから、定年退職なんてない。
自分たちで決めた日がその日。

2020年3月31日。
両親は42年間続けてきた仕事を卒業した。

「続けてきたってスゴイね、辞めようって思ったことなかった?」と聞いてみた。
「子どもたちがいるからね。辞めようなんて思ったこと一回もない」と父。

「大変なこともあったよね」と私。
「犬にかまれたりね」と母。

私は今43才。
私の生きてきた道はもちろんのこと。

妹、弟、3人にとって、
両親の牛乳屋の営みは欠かせない。

「家に牛がおるっちゃろ、モーモーうるさい」って男子にからかわれたこともあったっけ。

自転車で配達や集金のお手伝いをしたこともあったなぁ
小型トラックに乗るのが恥ずかしい時もあった。

感謝してもしきれない
記憶の数々。

42年間、本当にありがとうございました。
お父さん、お母さん、おつかれさまでした!!

追記
トップの画像はお世話になった大きな冷蔵庫の前で、両親のお仕事卒業記念に撮影したもの。
下の画像は31日のささやかなお疲れ様会の様子。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪