あいたい~末っ子からのメッセージ〜

実家へお泊りに行った末っ子イチカ(6才)から、
母のラインを通してメッセージ。

おばあちゃんが大好きなので、
自分から泊まりたいって言いだして、
「何日でも大丈夫~」って顔をしていた彼女。

いつもは、私とぺったりくっついて寝ているので、
私の方が、ちょっと寂しいなぁなんて思っていた。

「ママおはよう、イチカはあさごはんたべたよ」とか
「おばあちゃんのカレーはバターがさいしょにはいるんだよ」とか

たどたどしく、でも楽しそうなラインが届くので、
順調順調と思っていた。

けれど、

夜、寝る前に、
届いたメッセージ

「あとは」

「あいたい」

電話では
母の横で泣いているイチカの声。

そっか。
そうだよねぇ。

そうだよねぇ。

まだまだ必要とされていることがわかって
どこかホッとしている私も発見。

かわいいイチカの言葉にホロッときたり。

明日、

早く早く、お迎えに行くからね!

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪