きっと笑顔で

学校が休業になり、長い長い春休みを過ごした子どもたち。
4/7、今日の夕方には緊急事態宣言が発令されると分かっていながら、
始業式。

登校班で集まった子どもたち。
皆マスクしている。
今日は、子ども会や班の担当決めもあるから母たちも全員集まる。
前日に簡単な入学式を終えた新一年生が3人もいた。

久しぶりに見る顔に安堵。

「どうして会えなかったの?」
「嫌だった~」
「もうお休みしたくない」

寄り添ってくる可愛い子どもたち。
小さな肩をそっと撫でた。

学校では、束の間の友だちとの交流。
そしてまた長い長いお休み。
きっと学校で、先生から話があったのでしょう。
子どもたちなりに、ただならぬ雰囲気を感じたでしょう。

大丈夫だよ、今休んで、前みたいに皆で一緒に暮らせるように。

地域に一瞬だけど日常があった。
あれが日常だった。
やっぱり子どもの声がコダマする朝がいい。
早くしなさ~いって、お母さんの声が聞こえる方がいい。

夜、
いつもは触ろうとするだけで嫌がっていた息子が、
おやすみってハグしてきた。
おやすみ、
明日も笑顔で生きよう。

3 件のコメント

  • かわいい、小さな地域の人たち(^^)
    大きくなって、この事態を知った時に『あぁだから会えなかったのね』なんて言うのかな。
    1日も早く日常が戻りますように。
    今こそ大人のがんばりどき!

  • 福岡は2月28日で学校が終わって以来、一度も登校がありません。
    近所の子には時々あってるけど、学校の友達は時々行く学童で少しだけ。
    それでも全員に会える訳ではない。
    本当に学校が5月7日から始まるのかどうかさえも分からない・・・。
    今は友達よりも家族と過ごす貴重な時なのかも。
    だってきっとこれからは、「お母さん<友達」だろうな〜。
    私に与えられた貴重なご褒美だと思って
    私も明日を笑顔で生きます!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    植地宏美

    2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。