違和感ありありの料理名「にわとりとコンニャクのピリ辛煮」

実家に寄ると帰りには母がわが家のためにおかずをつくって持たせてくれる。↑はタッパの蓋に貼ってある「料理名」。

2018.11.8投稿した 「おかえり、おつかれさん」と母のおかず

昨日も母のおかずをもらってきた。お皿に移しながら違和感。
夫と娘に「おばあちゃんからもーたで。『にわとりとコンニャクの…』」と言いながら違和感。

なんやねん、「にわとり」って(笑)。夫は「もしかしてトサカの料理か?」と想像。

ふつー、「鶏肉の」とか「鶏の」とか「鶏むね肉の」とかやん。せめて「かしわ」やで。

食べながらも娘と思い出し笑いが止まらへん。惜しいのは笑いながらも完食してしまい、料理の写真撮るの忘れたこと。

母は鶏肉が苦手なのに、兄や私たちのために料理本を見ながら鶏料理をがんばっている。もしかして憎しみを込めての「にわとり」ネーミングなのか?!

ちなみに「ポテサラ」も、母が言う言葉ではない。いつも料理名を律儀に書くようなので、もしかしたら料理本が犯人なのか?!今度、使用した料理本を鑑定しなければ。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪