ここが似ているんだね。

DNA=遺伝情報。

当たり前かもしれないが、

娘の顔、体、性格、学習のこと、コミュニケーションなど対人的なこと。

すべて、何かしらどこかが誰かに似ている。

東京にいる元夫の実家は久留米にある。

「夏休み中に孫の顔を見せに行ってもらえないだろうか?」

そんなパパからのオーダーがあり、わたしもその間に勉強させてもらえたら、と。

甘えることにした。

今年度のわたしのモットーはとにかく、

「誰かに頼る」

そう決めたから。

久留米に向かう道中の話題は、

「みゆうちゃんのお顔のどこが誰に似てるか?」ゲーム!

「目はー?」

「ママでしょ。」

「いやー、一重になっとるし、パパ。」

「じゃ、眉毛は?」

「おじいちゃんと思うんよね、ママは。」

「口は?」

「ママかなぁ。。」

「鼻は?」

「このダンゴっ鼻はママ。。。」

「ほっぺたは?」

「ママ。」

「頭は?」

「みゆうちゃん頭いいし、パパじゃないと?」

ふふっと笑う。

ここは、大牟田のおじいちゃん。

ここは、大牟田のおばあちゃん。

みーんなからいろいろな部分をもらい、

娘はいま生きている。

大好きな人の大好きなパーツばかりで、

すごく幸せそう!

「今日はおじいちゃんとどこが似ているか、よく見ておいで!」→わたしからの5時間後までのミッション。

目を輝かせ、「うん!!」と頷く。

お迎えに行くと、

「耳やったよ!(笑)あとね。髪!」と、

嬉しそうに報告してくれた。

「あとね、照子ばあちゃんはほっぺたかなぁ。。」

冒頭でDNAと書いてみたものの、、照子ばあちゃんとは血の繋がりがない。

だけどそんなの、、、実は関係ない。

だって、照子ばあちゃんが娘を孫のように、生まれてすぐ、いや生まれる前から見守ってくれて、いまも娘が大好きな料理を作ってくれている。それだけが娘にとっては愛おしい現実だからだ。

生まれた瞬間は、

パパの生き写しかのようで、

ただひたすら驚いたが(笑)

娘の顔、娘の体、娘の心は、

娘を見守ってくれている、あたたかい目をした誰かの何かと実はよく似ている。

そしてその事実は、

娘が自分自身を大好きになる理由に繋がっていくのかもしれない。

心はママに似てくるかもしれないんだから、

わたしは言葉にもっと配慮しなくてはと(笑)

最近の娘のおませ具合を見ながら感じる日々をここに綴る。

 

4 件のコメント

  • みんなから、少しずつ命をもらって
    みんなから、たくさんの愛をもらって
    みゆうちゃんは、幸せいっぱいに育ちますね。

    安藤ママは、本当に素晴らしいなと思いました。
    天晴れな、子育てをしていると思いますよ。

    • 藤本さん‼️
      ありがとうございます
      本当です。
      みんなから命をもらって、
      娘はこんな元気にたくましく育っております。
      藤本さんも娘にたくさんたくさんの愛情を、
      いつも本当にありがとうございます

    • 智子さん‼️
      子どもたちだけでなく、わたしも、智子さんも。よね!本当に。
      ついつい子ども優先になっちゃって、
      モヤモヤすることや大変なことも山積みだけど、、
      私たちママが私たちらしく、
      元気に笑顔で、って願ってるのは、
      紛れもなく私たちの子どもたち。
      それを体現しながら、誰かに頼り、子どもたちを育ててもらいながら、お互いに健やかに成長していきたいねーー‼️

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    安藤裕子

    直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)