すっぱいけれどやめられない

あ〜酸っぱい

あ〜酸っぱい

でも、やめられない

あ〜、やっぱり酸っぱい

酸っぱいけれど、たまらん、たまらん

今年は梅干しづくりを失敗。
つけただけで、やらなきゃやらなきゃと思いながら、
目をかけていない間にカビが発生。
開けてみて、楽しみにしていた子どもたちもがっかり。

かびた梅を泣く泣く捨てながら、
「愛の反対は憎しみではなく、無関心である」と言ったマザー・テレサの言葉が浮かんだり。

梅干しに無関心すぎて、愛情が足らなくてカビちゃったんだな・・・。

梅干しに限らず、
子どもたちも、夫婦仲も同じこと。
カビてしまってからでは遅い。

梅干しから得た教訓で今年の梅は良しとしよう。
(梅サワーと梅酒は健在!!)

写真は、八百屋さんから買ってきた梅をほおばるイチカさん。
酸っぱいけれどやめられない。

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪