わたしの故郷(10月号宿題)by Kondo

私の生まれ育った場所は、晴れの国【おかやま】

温暖な気候と気さくな県民性。
私の実家がある場所は、岡山市の中心部から離れた田舎町で、見渡す限り田んぼと山。
小さい頃の遊びと言えば、
庭で木登りをし、蝉をつかまえ、砂場でままごと遊び、
稲刈り後の近所の田んぼを走り回り、
野山を駆け回り、
山の中で秘密基地を作り、
お寺のお堂で遊び、
用水路で魚捕りをし、
友達と缶蹴りをし、
近所の人に怒られながら、見守られながら、遊び尽くした豊かな経験。

今の私があるのは、この幼少期から学童期の遊びにあったと、確信を持って言える。

そして、【ふるさと】と言えば・・・私を育ててくれた祖父母。
シングルマザーだった母は、ほとんど仕事で家に居なかったので、
私と妹、他、共働きの親戚のこどもたちを一手に引き受け、育て上げた祖父母。

学校から帰ってきて「おかえり」と言ってくれたのも、
宿題を見てくれたのも、
ご飯を作ってくれたのも、
お風呂に入れてくれたのも、
蚊帳で一緒に寝たのも、
子守唄を歌ってくれたのも、
祖母と祖父。

今でも、岡山に帰省すると、95歳の祖父母が仲良く迎えてくれる。

この2人が居てくれるから、私は岡山に帰ることができる。
帰る場所がある、ということが、何よりの幸せ。

お盆・正月には、親戚が我が家に集まって、呑めや歌えやの大騒ぎ。
それが、幼心に、楽しくて嬉しくて仕方なかったな~。

このコロナでずっと帰省できなくて、祖父母のことが心配だけど、
私の中にいつでもふるさとがあります。

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小6と小3のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。3年前から、わたし版【筑前町ゆりかご版】を書いています。 また、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・歌うこと・人と交わること・高校野球です♪