子どもたちよ大いに笑え!「おなら」の話で1時間

わが子3人、よく笑う、よく食べる。

いろいろ小言ももちろん言ったりはしますが、
それだけでいいんだとつくづく感じる昨今です。

先日は、朝ご飯を食べながら「おなら」の話題で1時間。

末っ子いちか(小1)、「私のおならは音が出ない。プシュー」。

長男(小5)、「オレのおならは臭くないけんね」。

長女(中2)、「オナラは我慢したらいかんとよー」。

1時間ほどオナラについて、あーだこーだ。
ゲラゲラ笑って3人とも出かけていきました。

2016年の熊本地震の時、

被災した母が言ってました。

「外から聞こえてくる、子どもたちの笑い声に励まされる」と。

世界中がコロナ禍にある今。

子どもの笑い声を止めてはダメだとふと思ったのでした。

今こそ、子どもたちの笑顔を広げよう、笑い声を届けよう。

まずは身近なところから。

 

3 件のコメント

  • あ~~~~、分かります!
    私も3年前に台風21号で街が冠水して(地面から40cmくらい浸かった)、茫然自失としていました。
    ここに引っ越して良かったのかとか、色々考えました。
    そんな時、水が引いてから外で遊ぶ子どもの声に励まされました。
    最近もコロナ禍で見なきゃいいのに、テレビを見て暗い気分になってました。コロナ休校中の時は子どもがいたから、しないといけない事多いけど、張り合いあったのかもー。

    • 戸崎さん、台風大変でしたね
      子どもたちは、大人よりも「今」を楽しむ力にたけてますよね。
      大人はいろいろ考えてしまうので・・・
      それぞれの良さがあるからこそ、子どもにウルサイと言うのではなく、
      その笑い声に助けられるよって声をかけられる、おばあちゃんになりたいなー(笑)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    池田彩

    お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪