保健体育の授業の日、涙の理由

武重さんの記事を読み、思い出したことがある。

産まれてきたかったわけじゃないの

私の娘が小5の時に、授業中にわんわん泣き出したと先生から連絡があった。

学校の保健体育の時間に、どうやら性教育の話があったようだった。

娘に話をよく聞いてみると、
「パパがいたから、私が生まれたんだと思ったら、うれしくて」。

うれしくて!?

なんだそんなこと。
当たり前じゃない。
笑って頭をポンポン、なんて、できなかった。

娘は、父親が死んだ時、涙を一滴も流さなかった。
信じられなかったのか、受け入れられなかったのか、
人生で初めての誰かを失う体験が、世界で一番大好きな父親だったのだ。
私の想像する以上の苦しみと喪失感と絶望だったろう。
彼女は、たしかに泣かなかった。

親と自分の関係について考えたこともないうちに、それが奪われた時、
自分の存在も奪われる感覚になるのかもしれないなぁと思った。

武重さんは、気持ち悪かった、と表現する。
でも、
うちの娘は、それが亡き父と自分とをつなげる大切なものになった。

武重さんの記事に、
えらく考えさせられている。
どんなことも、いろいろな見方があって、いろいろな気づきがあって、
素晴らしいなと思う。

うちの娘も、武重さんのように、いつかキラキラ芋になれたらいいな。

 

9 件のコメント

  • そっかぁ、生まれて来たこと自体がお父さんとのつながりを感じたんですね。
    それは泣いてしまいます。
    何もない時だと、そこまで考えないけど、生きてること自体がつながりって、たしかにそうですね!

  • とっても感受性の高い娘さんなんだなとすごく感心していました。
    感じ方は、本当にひとそれぞれですね。
    それをいろんな角度から学べる、本当にお母さん大学ってすごいと改めて思いました!

    • お母さん大学はね、すごいよね。
      私にもっと語彙があって、文章力があって、理論的だったら、
      クッソー、
      っていつも唇噛んでます。
      唇荒れ気味なフツーのお母さんです。

  • 性教育の話をそんな風に捉えられるんですね。パパのこと愛してたんですね。パパ、幸せですね。
    そして、娘ちゃんの気持ちは想像してもできない。辛いことを乗り越えて、強い人に成長しているのでしょうね。
    武重さんの記事も何度も読んで、考えさせられました。武重さんってすごい、そして面白い(ってここで失礼します)。

    • そうなんです!私が男子二人担当でしたので、パパにしがみつくしかなかったんですね笑
      また会って、どんなんなったか、みてやって下さい!
      武重さんの記事をパクリスペクトしました。
      でも確か、MJ講座の中でも、青柳さん、そんなお話していたと思うので、OK!ですよね!?

  • 娘ちゃんの涙の理由。
    受け継がれた命ですね。考えさせれらます。
    私はこの涙の理由だけで心が動かされました。ありがとう、娘ちゃん。そしてそれを思い出して記事にしてくれてありがとう、植地さん。そしてそれを思い出させてくれた武重さんにありがとう。
    そして、やっぱりお母さん大学、お母さんに還れる場所をありがとう。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    植地宏美

    お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。