45L6袋分のさようなら

 

昨日は午後から衣替え
押入から出した衣装ケースから、
兄達のお下がりの夏物が出てくる。
三男の服は、今年の冬にはほぼサイズアウト
秋冬の兄達からのお下がりや、
おばあちゃんから買ってもらった服は
衣装ケースではなく、ごみ袋へ移動する。
ボロボロのキャラクターのバスタオル、まだあったんだ。
長男が生まれたとき、おくるみで使ったやつだったなぁ。
兄弟三代着古した、小さなお洋服。
これは、あのときの写真の服だわ。
産後直ぐ、お世話になったゴムのスカートや
授乳がしやすい大きめのシャツたち。
懐かしい思い出にまた仕舞い込もうとケースに入れるが、
心を鬼にして、袋に積めていく。
気付いたら、思いでの詰まった袋は6袋にもなっていた。

たくさんの思いでとお別れ。
写真のなかでまた出会えるけれど、少し寂しい。
スッキリもした押入れがさらに寂しさを増す。
季節が変わる度に訪れる、ようこそ!とさようなら。

子供たちが巣だつ日までの練習と思って、
色々と思い出しながらお別れします。

ABOUTこの記事をかいた人

薄 祥子

三人の男の子のお母さん、物流会社の会社員、九州男児の夫の有能な(つもりの)妻、お母さん大学生、そして今年MJプロとなりました。他にも、育休後アドバイザー、保育園父母会役員(会計監査)、地区子供会取り纏め役。1日が24時間では足りない日々です。