怒られるくまもん~変化する愛情の形~

くまもんのぬいぐるみリュックを愛している年長の娘、
リュックなので、家にいるときはわりとずっと背負っている。
兄に取られまいと、着替えなどで離さざるをえない時には私に預けにくる。
お迎えのときには「連れてきてね」と、すぐにくまもんに会いたい模様。

ただただ、大好きすきすきと愛でている

それが昨日は、くまもんが怒られていた。

娘がくまもんに怒っている。
「もうくまもん、ちゃんとして!」

そういえば、その前の日、
くまもんが「やだやだ」とどうも駄々をこねていた(ことになっていたみたい)
「やだやだ」というくまもんに対し、困りながらも「○○なの?」と優しく諭す娘がいた。
(一人二役)

おもしろいと思いつつ、気持ちの大きな娘だなーと感心しておりましたが、
昨日は違っていました。

「もう くまもん!ちゃんとして!」
「ちゃんと自分で歩いて!」

え???
思わず横から、「くまもんが歩いたら怖いやん」と突っ込んでしまった。
その後もなにやら怒っていたので、
「そんなに怒ってたら楽しくないよ~」
と諭してみた。

内心、自分をはたから見ているようで刺さった。
私も怒ってる、まだ年長にめちゃくちゃ怒ってる。
楽しくないよね。

反省をなんか悟られたくなくて、ずるい母ちゃんは
「くまもんがちゃんとしてくれんで困ったやろ?
お母さんの気持ちが分かってよかったね」
って言っちゃった。

大好きだけど怒るのは、愛情があって距離が近づきすぎてるからこそ

そこまでは分からないと思うけど、娘のくまもんへの愛情に変化が出てきた。
今後も娘とくまもんのやりとりが楽しみ。

それはそうと!!!

大好きなのに怒ってしまうのは、愛情があって距離が近づきすぎてるからこそ

って、すごい名言ぽくないですか?
と一人自分に酔ってしまいました。

ABOUTこの記事をかいた人

岩根 直子

年長の男の子と張り合い、年少小の女の子に振り回されているお母さんです。 わが子はかわいくて、毎日キュンキュンしています。 と同時になーぜーかー毎日おこっております。 基本的には我が子ラブです!