たった3分の母時間

「お母さん百万人の夢宣言」を多くの人に知ってもらうきっかけとして
音声SNSのclubhouseでお母さんたちの夢を聞く場をつくっている。
「百万人の夢宣言~お母さんが夢を語るルーム」(note)

前回の登場は佐賀の西山妙佳さん。
最後に「今日、実は車の中からなんです」だって。
そういえば、声がよく響いて聞きやすかった。
車の中に一人でいる西山さんを想像したらいろんなことを思い出した。

子どもが小さい頃、夫と子どもは留守番で私が一人車で出かけることもあった。
今思うととても貴重な時間。
買い物したり、実家の用事をしたり
早く帰ってあれもこれもしなきゃ!とバタバタだったけど
駐車場に車を停めてから少しゆっくりすることがあった。

ラジオから流れているこの曲が終わったら
友だちにメールを打ち終えたら、と
ほんの3分くらいかもしれない。
それでも家の中のにぎやかな音とは違う私だけの空間。
たまには一時間くらいゆっくりしてるときもあった。

お母さんをリセットしたいのではなく
ほんのちょっと、お一人様になる、母時間。
「さっ!帰ろ!」と思える瞬間までの贅沢。
そんなことを繰り返して母になっていったんだと思う。

今は子どもも独立したけど
この3分はなんだかお決まりになってしまった。
母時間は与えられるものじゃなくて、自分で自然につくりだすもの。
ヘッドライトを消して暗い車内で
この時間に同じような時間を過ごしているお母さんがいるのかなぁ
きっといるな、絶対いるなと思うと、私も元気になる。
さっ!おうちに帰ってまたお母さんがんばろうね。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪