お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

学校が楽しい!

この春小学校を卒業する長女

「ママ、私、友達がおらん」

そう言ってきたのは、昨年の秋頃だった、かな。

「6年間小学校行ったけど、結局、クラスに友達が一人もできなかった。。友達と思っていた子は、ゲームで繋がってる子としか話しなくなった。それでも、また前みたく仲良くなりたくて、プレゼントとかしたけど、あまり喜んでくれなかった。私、嫌われたみたい。他の子もみんなほとんどゲームの話ばかり。。。もうほとんど誰とも喋らなくなった。。。まぁ、良いんだけどね。コロナやし、人と話したくないし、喋るの面倒くさいから、別に良いんだけどね。。。」

別に良い。という彼女の目は灰色だった。

もう少し話を聞くと、どうやら小学5年生頃からクラスで孤立し始めていたらしい。。。ちょうど?コロナもあって学校生活が少なかったことや、マスクのおかげで?誰かと喋りたい欲求も抑えされたとかで、そんなに寂しくはなかったそうだが、いよいよ、この春卒業する!となって、振り返ったときに、改めて友達が一人もいないと気づき、この6年間何だったんだろう?と悲しくなったとのこと。

そう言えば、「わたし、学校じゃあ話をするの面倒くさいから、授業の発表以外は一言も発さないよー」と笑いながら言ってきたことが何度かあった。そのたびに「へー、そうなんだー。」と軽く聞き流していたけど、、、。本当は誰かと喋りたいのに喋れない状況を分かってほしかったのかもな。

そんな彼女が、今さっき。

ドタドタドタ!!!!

台所に走ってきて、こう言ったんだ。

「ママ!友達ができた!あのね♫、○○ちゃんも□□ちゃんも、スマホ持ってないけん、ゲームしてないんよー。なんか今まで友達になれそうにないなーって思っていたけど、話してみたら、すごーく気が合って、今日学校終わって一緒に遊んできた。楽しかったー。それで、交換日記するんよー。みんなは、ラインとかでスタンプとか送りあったりしよるけど、私たちは、交換日記よー。ラインとかメールじゃないとよー。日記よー。可愛いやろう?」

わぁ、ふうちゃん(長女)、良かったねー、嬉しいー!(≧▽≦)!やっぱり、ふうちゃんが、嬉しそうにしてると、わたし、ものすごく幸せな気持ちになるよ。

「ふうちゃん、ゲームとか、スマホっていうツールがなくても、友達になれるってさー、すっごく良くない?プレゼントとかでご機嫌とらんでも、なーんもなくても、友達って良いねー?」

長女「うん!ママー!フフフフフ」と、ニヤニヤしたかと思うと、

「ママ!学校がたのしい!」

っだってさ!

なんだよ、もう!ナンナンダヨその目は!キラッキラさせてんじゃないよー。可愛い過ぎだよー。良かったー。

もうすぐ、卒業。残りの小学校生活、今まで以上に楽しんでくださいね。

 

↑卒業式までのカウントダウン。今日の一言にも書いてあった(*^^*)

 

12件のコメント

よかったねーーーー!!

交換日記、素敵すぎる!!

孤立した寂しさも、ゲームがしてなくてつながれないことも、
全部ふうちゃんの力にこれからなるね。

あーーーなんか私まで幸せな気持ちになりました。ありがとうー。
残りの小学校生活、思いっきり楽しんで!!

私も、記事を読ませてもらって、どんどんうれしくなりましたーーー。
幸せのお裾分け頂いた感じです(^。^)
ありがとうございます。
そして、卒業のカウントダウン、やりたくなりました。自分の卒業したいこと決めて、カウントダウンしようかなぁ。

お返事遅くなりました!ん、んん?卒業されたいこととは?どんなことですか?私は「寝坊」を卒業したいと、毎回毎回卒業シーズンが近付くと思うのですが、なかなか卒業できません(¯―¯٥)

あー、泣く!(´;ω;`)
うちの長男もね、友達がいないの。
雑談くらいはするけど、仲のいい子がいない。
話の合う子がいないからなんだけど・・・
だから学校も休みがち。
何かのきっかけで学校が楽しくなってくれるといいなあ。

依存関係はおかしいけど、あーこの人とは気が合うし話してて楽しいなあと思える人がいると、だいぶ学校生活違ってくるんだろうねー。うちも、スマホ持ってる持ってない関係なく、なかなか学校に馴染めず、低学年のうちは登校渋りが続きましたねー。高学年になるにつれて、友達の顔色伺うのがアホらしくなって、一人の時間を利用して図書室の本を、ほとんど全部読んだらしいです。そしたら、みんなから「面白い本は、ナカムラさんに聞けば教えてくれる」となって、自分の居場所見つけられたようですが、、、。(そう仕向けてくれた図書館の先生に感謝感謝です)→まぁ、一目置かれるようになると、また一部から嫉妬で無視とかされたようですが(^_^;)まぁ、そこから大切なことを学んだようだし、人を見る目が養われたとのこと。いやはや。。。

まぁ、でもね、自分の居場所があっても、やっぱり、話して一緒に笑えるお友だちができると、この6年間で見せたことない顔で笑っていました。やっぱりやっぱり嬉しいよね。

自分が面白いと思えることに夢中になってると、なんか楽しそうなことしてるなーって、興味持ってきてくれる人がいると思う。それが同級生なのか、先生なのか分からないけど。長男君は、なんか面白い視点で色々考えてそうじゃん?起こることに、何を感じてどう思ったのか興味湧くもん。天野さんのお子さんだし。
きっと良い出会いがこれから待ってると思います。

寂しいという思いをしたことは、ふうちゃんを、さらに成長させ、
真の友だちとも出会えました。

ふうちゃんのカウントダウン、山あり、谷あり、川あり、いろいろあるから

人生は楽しい。いい経験です

わが子の笑顔が、うれしいお母さんの気持ちが、伝わって、
朝から、母ゴコロいっぱいもらえた気分。

ふうちゃんのカウントダウン、未来を見守りたいです。

優しいお返事ありがとうございました。すっかりお返事が遅くなりました。
このお友だちのおかげで、本当によく笑うようになりました。そして、共通の話題が、Kポップアイドルでして、、韓国語も勉強し始め、高校から韓国に行くとか、韓国で仕事するとかで、大盛り上がり。。ずっとずっと彼女の未来をそばで見守り続けれると思っていましたが、案外あっという間に巣立ちそうです(・_・;)うう。あー、寂しい〜けど、それも人生〜

記事の途中までは、小学校時代の友達なんて大人になったらお付き合いしてないんですけど・・・と私は伝えようと思って読み進んだら、友達できた!(笑)

卒業間際に、交換日記が始まるなんて昭和の子を思い出します。
まだまだその世界を大事にしている子どもがいた!という発見が宝物を見つけた気分ですね。

そうなんですよ(^_^;)お友だちができたのです(^^)v
その子は、6年生になって引っ越してきた子です。良い出会いがあって良かったです。交換日記は良いですねー!そのお友だちの書く字がすごくきれいだし、色使いも上手でイラストも上手。ノートの構成が可愛くて!長女、すごく刺激を受けていました。手書きだからこそ伝わるものって、本当にあるなーとしみじみ思いました。

ほんとにー。うち、三姉妹なんだけど、もちろん3人ともみーんな機嫌いいのが一番ですけど、なんか、、長女が機嫌よくて嬉しそうにしてるのが、一番ホッとして私は元気になれます(^^)下二人は長女のことがとても好きだから、長女がなだめたら結構すぐ元気になれるんだけど、長女は、、、、。一人で、抱え込むから。。。

だから、もうすぐ卒業という時に、仲良しさんができて、楽しそうに学校に行ってくれて、本当に嬉しいです

コメントを残す

ABOUT US
中村泰子
三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 したいことは、母娘旅行をすること。