お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

360°地球を巡った私の乾杯

7月30日、30回目のお母さんが夢に乾杯する日が終わりました。
今年の乾杯は終わり。
私自身は、乾杯に参加するのは4回目です。
”植地、意外とすくねーじゃん”とマウントをとったお母さん大学生の皆様、そうです、私はずっとずっと水面下に潜っていたお母さん大学生です(笑)

リアル乾杯は2回目。
1回目はお客さんみたいなもんでしたし、その後2回のオンライン開催はパソコンの前で行ったわけですから、
実際に本部サイドで汗をかいて動いたのは初めて…そんなもんです。

横浜では、同じ日、横浜みなとみらいに新しい場所「ワーホプレイスとらんたん」をOPENしました。
最初、「アジト」と呼んでいたら、横浜市に通報した人もいました。
それだけ、お母さんが集まるということに脅威をいだいたのだな、と解釈しました(笑)

ここは、お母さん業界新聞社が30年以上にわたり、ほかの誰にもできない、とことんお母さんの心に寄り添うということをやってきた結果、お母さんが笑顔になれば社会の課題のほとんどが解決する!ということに辿り着いたことを、形にしていく場所です。

人に伝えるってものすごく難しい。
理解してもらうなんておこがましい。
目の前のたった一人のお母さんを笑顔にすることがどれだけ大変か。
私も悔しい思いをしたこともあります。
でも、
一番大切で一番困難なのは、
自分が笑顔になれること、かなぁと思います。

私は思います。
きっと乾杯の瞬間、誰もが笑顔だった。
カウントダウンしていた藤本さんの目の前で私はライブ配信していたけれど、周りの方も、女性も、男性も子どもたちも、みんな片手を掲げてイエ〜イって。
山﨑さんがつなげてくれてルーマニアのお母さんたちも笑顔だったし、なんと、時差があるから、その後も現地の本当の7月30日19時30分にもう一回乾杯したとか。
世界中で何度も何度も全ての7月30日の19時30分に乾杯しようって言ったら、ずーっとずーっとみんな笑顔なんじゃないかと。「はい〜次はイスタンブルです〜」「はい〜次は、マドリードです〜」なんて、そんなことを考えて私の頭の中は地球を一周したのでした。
100万人の乾杯、案外夢じゃないかもしれない。

今年、なんとなく過ごしてしまった、乾杯に参加しなかったお母さん大学生の皆さん、
来年は横浜で会いましょう。
ごめんなさい、そんなことを言いつつハワイかもしれません。
私たちはある日突然ものごとを決めるので。

でもそこで、いやいや無理、と最初から選択肢にさえもしないのか、
行くためにはどうすればいい?お金の問題?時間の問題?子どもたちはどうする?
と考え始めるのかで未来は180度違うこともあるのです。
3年前、私がそうしたように。
その水の温度がどうなのか、飛び込むことで初めて感じることだってあると思います。

どうぞまずは、自分自身を笑顔にすることから。

あ、私の夢は、前にも言いましたが、朝ドラ「トランタン物語」をつくることです。
30年以上もお母さんたちの笑顔をつくってきた藤本さんと青柳さん、金子さんを笑顔にすることです。
まだまだ失敗が多い私なのですが、とりあえず、過去のお母さん業界新聞を、頭に叩き込まなければと思っています。
もちろんデータベースで勉強もいいけれど、
ワーホプレイスとらんたんには現物がありますので、時には本物の「お母さん業界新聞」を読みに来てくださいね。

アイキャッチは、乾杯ウェーブを応援してくださり、現地にも乾杯に来てくれた大島さんという方がつくってくれました。ありがとう!大島さん!
あと、この地べたに座っている写真も撮ってくださいました。

ちょっと寂しそうでしょ。哀愁が漂っている。
だって、私、ビール飲んでないんだもん(笑)

 

4件のコメント

えー、植地さーん、乾杯できなかったですか〜(涙)
そーですよね、ずっとスマホで配信してくれてましたから!!
お疲れ様でした。
そして、なにをさせても、ビシッと決める植地さん、かっこよすぎです。 
まんまる写真、とっても素敵だー。地球に生まれたことを実感できる写真ですね。

田端さんありがとうございます!
いいんです、私の乾杯の形はコレです!
たくさんの方が私の拙い配信を見てくれていたことが本当にうれしかったです!
私にしか得られない角度の乾杯の感動でしたw

ひろみさん!

乾杯おつかれさまでした!
ひろみさんのおかげで、オンラインで繋がれて、現地の状況が分かり感謝しかないです。ありがとうございました。
なんか読んでいて、
もうじわっときちゃいました。泣けます。

わたしの夢は、やはり横浜で乾杯することです。
で。
ひろみさんにビールをリアルで飲んでもらうことです!
来年は夢を叶えるぞ!!

はやく対面でお会いして、一緒に飲みたいですー!

安藤さん!コメントいただいていたのですね!ありがとうございます♪
あれ?
会ったこと、ありますよね??
と思ってしまった私。
それくらい、安藤さんのこと、知ってる!
乾杯しましょうね!あと11か月!笑(カウントダウン早い)

コメントを残す

ABOUT US
植地宏美
お母さん大学横浜支局。 お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜2021.12)。 長女19歳、長男15歳、次男13歳。 お母さん大学をものすごく、楽しんでいます。 結果、 お母さんをものすごく、楽しんでいます。