新型コロナウイルス対策「大切なのは、お母さんの笑顔。私たちが今できること」

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、一向に収束の兆しが見られない。
政府は不要不急の外出を自粛するよう国民に呼びかけ、
全国の小中学校・高校には春休みまでの臨時休校を要請した。

おうち時間を楽しむ

「えーっ、子どもとずっと家にいるなんて、いったい何をすればいいのー?」

突然の休校にお母さんたちの不安や不満が噴出。だがいつもと違う日常に戸惑い、落ち着かないのは子どもたちも同じ。だったら思いがけずできた時間を親子で思いきり楽しんでほしい。そう考えて急遽、「お母さん業界新聞」4月号の特集テーマを変更した。

タイトルは「子どもと楽しむおうち時間」。「子どもがいるから大変」「子どもがいると何もできない」ではなく、子どもと一緒に楽しい「おうち時間」を過ごし、お母さん大学サイトに発信してください!とアクションレポートの提出を求めた。

遊びはもちろん、ものづくりや家事などユニークなおうち時間レポートの数々。本紙4・5頁に特集として紹介しているが、編集作業中は癒されたり感動したりで、「幸せのおすそ分け」をいただいているような時間だった。

3月8日、今の思い
毎日もやもやしてるんです。見たくもないけど、

つい見てしまう、ネットやテレビの情報。

子どもたちの一斉休校もすでに1週間が経つものの、
まったくもって先が見えない。

休校にしているのに、大人たちは今までとほとんど変わらない生活。
こんなことしていて本当に終息するのか。

その間にも、子どもたちはたくさんの我慢を強いられていて、
それを受け止める親や保育者、支援者たちも
少しずつ疲れてきていて。世の中が、疲れている。

だけど、だからこそ、私は普通の生活をする。
いきなりできた、2人の子どもたちとのべったりの時間。

その中から見える、子どもたちの成長。
そして、この1週間でめまぐるしく変化した社会。

専業主婦ゆえに、世間のバタバタに
あまり巻き込まれていないからこそ感じる、ある種の違和感。

大人たち、すごくバタバタしてるけど、いら立ってるけど、
子どもたちは意外に楽しそうかもよ?少なくともわが家の2人は楽しそう。
長男は学校に縛られることのない自由な時間を謳歌し、
次男は大好きなお兄ちゃんが常に家にいるのでうれしそう。

私は、毎日三食つくって、おやつも出して、
ケンカの仲裁したり、すぐに泣く次男をヨシヨシしたり、
それはそれで忙しいけれど…。

(お母さん記者・天野智子)

毎朝届くほんわかメール

そのほかできることとして、休止中だった「お母さん業界新聞メール版」を復活。

普段なら子どもを幼稚園や学校に見送った頃?  それとも通勤途中?  毎朝8時、パソコンやケータイに届く一本のほんわかメール。さりげない日常を切り取った「子育てあるある記事」を読めば母力が上がり、気持ちのいい一日をスタートすることができる。

お母さん大学サイトから選りすぐりの一本を選んで配信するのはメール戦隊M6。
リスタートの合言葉は、イライラやモヤモヤを笑顔に変えよう!  メール版を通じ日本中のお母さんとほんわかにっこり時間を共有する喜びを感じています。一人でも多くの人に読んでほしいです」。

廣田新聞店とのコラボ

お母さん業界新聞が、新聞販売店とのコラボで実現した企画もある。

「普段は忙しいお母さんにも子どもとの時間ができた。この機会に子どもといい時間を過ごし、できるだけ穏やかでいられるように…」。

そんな私たちの思いに共感してくれたのは、多摩田園都市の地で、創業97年を迎える廣田新聞店(横浜市青葉区)の廣田実会長だ。「地域貢献に上限はない」を信条とし、地元に7店舗の新聞販売店を経営展開、地域をつなげる情報紙『月刊ひろたりあん通信』の発行や、子育て支援にも積極的に取り組んでいる。

また今回の騒動では、お店のお母さんスタッフそれぞれの状況に応じ、勤務時間を調整し合うなど、社内でも迅速、柔軟に対応しているという。

そして、「お母さんの笑顔に勝るものはない。新聞を届けることなら、お手のもの。普段はあまり新聞を読む習慣がないお母さんたちにも、お母さん業界新聞に出会ってもらいたい。読後の共感がお母さんの安心や勇気につながるだろう」と廣田会長。

「お母さんには『お母さん業界新聞』を、子どもには『学年別小学生の漢字一覧表』を配りましょう。新学年を迎える今、お母さんが新聞を読む横で、子どもにも文字に興味を持ってもらい、予習・復習教材として活用してほしい」と続けた。

新聞が人々の心の支えに

こんな話がある。9年前、東日本大震災が起きた11日後に、仙台のある書店が営業を再開。すると驚いたことに、開店前から長蛇の列ができ、人々はあらゆる種類の本を買い求めたという。
人々にとって、本はただの「情報」ではなく、「生活必需品」であり、活字が「心の支え」になるという証でもあった。
スマホは時に人を惑わせるが、活字には心を落ち着かせる力がある。もちろん新聞も同じ。紙面の向こうにいる人やつくり手の思いが行間を通して伝わり、それが心の栄養となり、活力にもなる。
「こんなときこそお母さん業界新聞を読んでほしい」…会長の言葉がうれしかった。
イベントのキャンセルや、学校・幼稚園の休校・休園、施設の休館などで新聞の在庫は十分にある。私たちは新聞(お母さんの笑顔の種)を提供、種まきは廣田新聞店さんにお願いすることになった。

もう限界!の声も

3月半ば。「やることなくてヒマすぎる~」と子どもたち。だが子どもとべったり、あるいは子どもたちが大騒ぎの状況に、お母さんたちからは「もう限界!」の声も。
外出自粛や在宅勤務のおかげで電車はガラガラ。代わりに公園ではスペースや遊具を譲り合い、異年齢の子どもたちが仲良く遊んでいる。
中学生のかくれんぼやお母さんたちの井戸端会議もあって、公園がにぎわっている。 お父さんと子どもの交流シーンもあちこちで見受けられた。窓を開ければ子どもたちの声が響き、ひと昔前を彷彿とさせた。なんだかこんな日も悪くない。

普通に生活すること

子ども向けのネット教材や電子書籍は選ぶほどあるし、進んでお手伝いする子もいるだろう。お母さんもできた時間に、本を読んだり映画を観たり、気になっていた家事をすることもできる。
トイレットペーパーやマスクが、一時は食材も消えた。モノがなければ節約するし、あるものを工夫して代用もできる。日々の行動を見直せば楽しい時間をつくれるし、快適に過ごすこともできる。何より寝て起きて家族と食卓を囲み、談笑するという普通の生活が、どんなに大切なことかと気づくことができた。
事態の終息までは先が見えない。けれども「お母さんの笑顔」があれば大丈夫!
信頼できる家族や仲間と、心を一つに知恵を出し合って苦境を乗り越える。困っている人がいたら助け合う。そんな当たり前のことができる、平常心の母でありたい。
(編集部)

4月号コンテンツ

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。