お母さん大学えほん箱プロジェクトがスタートします♪

珈琲カップの前に色とりどりの絵本たちが

…ん⁉

「遠近感覚おかしい⁉」と思ったあなたは正解です。
これは出版社さんからお借りした表紙画像をプリントして
切ったものです。
実際の大きさの比ではないので
大きい絵本が小さかったり、その逆だったり。

なぜ、こんなことをしてるかって?
11月からスタートする「えほん箱プロジェクト」第一弾として
旅立つ絵本たちをグループ分けするために用意したのです。

題名や出版社名を見てるだけだと、イメージが沸かないので
こうしてみました。
切るの大変でした(笑)50冊もありますもん。

で、

並べるのめっちゃ楽しい!
トランプの神経衰弱のように
出版社、作家さん、テーマ、そして色のバランスがとれるように
あっちいったり、こっちいったり。

たとえば
「動物!」「はいっ!」
「表紙赤!」「はいっ!」
「翻訳もの!」「はいっ!」
「あっ!ちゃうっ!まちがえた!」
とグループ分けの任務を仰せつかった3人でキャッキャッ言いながらの作業。

お母さん業界新聞11月号は特集をはじめ
紙面のあちこちに絵本が登場します。
どうぞお楽しみに!

※画像の中に、違和感ありの1枚。
プリントを忘れて、その場で表紙を描くという私たちのこだわり。

絵本のこと…

■お母さん大学 詳しくはコチラ

■メール版 詳しくはコチラ

■大阪版入手先はコチラ

(えほん箱プロジェクトリーダー/お母さん業界新聞大阪版編集長 宇賀佐智子)

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪