娘たちの今しかない声を大切に  一緒に「お仕事」をする喜び/お母さん業界新聞ちっご版11月号パパスタイル

フリーランスの作曲家として18年ほど活動しています。

結婚して7年。6歳と3歳の娘がいますが、
最近の楽しみの一つは、子どもたちと一緒に「お仕事」をすることです。

具体的には「声(音声)の販売」です。

「Audiostock(オーディオストック)」という、
音源や音声素材を販売するインターネットサービスを利用し、子どもたちの声を販売しています。

「収録」は月に1~2回程度。

「今日、声のお仕事しない?」と誘って自宅の作業場へ。

そこでは彼女たち自身が言いたいセリフや、
CM等さまざまな映像で、使われそうなセリフを一緒に考えて録音、
それらをインターネット上に掲載しています。

売れ行きは上々(笑)。

現在100以上の素材を販売中で、毎月数百円の報酬があります。

それらはすべて彼女たちの「おこづかい」に。

その使い道ですが、姉は動画配信の映画を観ること。
妹はまだお金に興味がないらしく、姉にあげてしまうこともあります。

これまでの常識が、今までにないスピードで更新されていくこのご時世。

実際は子どもに教わることのほうが多いのですが、
親として、子どもに教えてやれることはいったい何なのか…。

そんなことを考えながら、「自ら何かを生み出す喜び」と、それがお金に変わる、
つまり「誰かにとって価値になる喜び」を、少しでも伝えることができたらと思っています。

そうでなくとも、子どもと一緒に「お仕事」ができ、日々成長し変わっていく、
今しかない声とボキャブラリーを「記録」だけではなく「資産」として残すことができるのは幸せなこと。

娘たちの声素材のページを眺め、ニヤニヤしている今日この頃です。

文 山口隆博(久留米市)

山口さんの作曲家としてのHPはこちら コドモサイズクリエイション

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪