子どもはスゴイ!と思えた、とっておきの言葉

日々の生活の中で、子どもが言ったちょっとしたこと。
でも、ものすごく的を射ていたり、感心するようなことだったり。
むむむ…と大人のこちらが口をつぐんでしまうことありませんか?

そんなわが子のとっておきの言葉を30人のお母さんたちに聞きました。

1.少しも寒くないわ/ エルサ大好きな娘。珍しく積もった雪を見て「エルサがこの雪降らせたんやと思う…」そう、これは魔法の雪(大塚未希)

2.おうち、お花咲いてないね/昨春、2 歳の息子が、他の家の庭とうちの庭を比べてポツリ。息子の感性に触れた瞬間!今年は花を植えてあげよう(木村歩)

3.赤ちゃんはどうやったらできるの?/ 5 歳になる娘からの質問。えっ、いきなり⁉とアタフタしながらも、今がチャンスと私なりの表現で性について話しました(福元慶子)

4.シンバルン/音楽発表会の担当決めをしたよ、と報告してくれる次女(5 歳)。タンバリンの後に言った「シンバルン(シンバル)」(田村由佳利)

5.で、な、い/長男がトイトレを始めた頃、「うんちでる?」と聞かれ、完全に出しながら言った台詞。その後、妻とおむつの中の証拠品を確認して大爆笑(宮里武行)

6.しなくていいよ、自分でやる気になったらやればいい/暇そうにしている末っ子中1 に「勉強したら?」と言ったのを聞いて、隣にいた長男が一言。それいつよ!(田端真紀)

7.あの木のところであやまどりできるよ/お散歩中に雨が降ってきた。「スーパーまで走ろう」と言うと、手前の木を見つけた息子3 歳。幸せなあまやどり(山中菜詩)

8.ママってかわいくてプリンセスみたい/そんな甘い言葉をささやかれては怒れない。抱っこしてもらいたいとき、甘えたいとき、叱られたくないとき…5 歳の名台詞(大蔭幸)

9.しょーむないものかもしれないけど、買ってあげたいねん/ 次女の誕生日に百均でプレゼントを買 うという長女に、しょーむないもんが増えると止めようとした私。止められなかった(戸﨑朋子)

10.あ、そうだ!人間してたんだ!/ 6 歳長女が朝起きて一言。夢から現実世界に戻ってきてそう思ったらしい。哲学的な表現にときめきました(花島由香理)

11.ばぁばいるから大丈夫/仕事で母に娘を預けるように。明日はお仕事ねと話したと きに、こう言われた。「誰も自分を一人にしない」と確信していることに感動(吉村優)

12.マム!/生後8 か月で初めて私をマムと呼んだ。「お母さんだよ」と話しかけていた のになんで英語?舌ったらずの声でにこにこしながら言う息子に驚いた(青島綾乃)

13.何か入ってる!/慌てて私の手を自分の胸に当てる。「わかる?動いてるの!」目を見 開いて大発見!「ほんとだ!動いてるぅ!」と同じようにリアクションした私(岸千尋)

14.なんで女の人のかかとには棒が付いとうと?/長男が5 歳のとき。お風呂場 で唐突に質問された。一瞬何のこと?とぐるぐる考えて、大爆笑!(智原美沙)

15.不登校になったときの気持ちを知らないだろう、俺は知っている/不登校を経験した 長男小5 が長女中2 に言った。不登校は彼にとって大切な経験だと実感した(池田彩)

16.今度生まれ変わったら、ママがなりたいものになれるといいよね/次女5 歳 に言われてドキッ。イライラお母さん以外の何者かになりたいです(岩隈絵瑠)

17.はい、風のおにぎり/いっぱい遊んだ公園から自転車をこいでわが家へ。春風が心地よく、 お腹もペコペコ!駐輪場で「お腹すいたね!」と言った私に、2 歳の息子が一言(大倉元実)

18.モンダミンが増えた⁉/歯磨き苦手な息子に子ども用のお口クチュクチュを買ってあげ た。なくなるのが惜しくて液が半分になったら水で満タンに。薄めたらダメや!(野中文恵)

19.4 人並べば?/「お母さんのお腹のお肉消したい!」という私に、8 歳息子「ぷよ ぷよな人4 人並べば消えるんじゃない?」それ、ゲームのぷよぷよじゃん(多田理恵)

20.なんで笑ってないの?/食器洗い中、娘はお絵かきをして「見て見て」を連呼。息子 は色鉛筆をポイポイ投げ散らかし、イライラしていた私。娘の一言にドキッ(木綿萌)

21.ありがとね/ 3 歳の息子が初めての洗車体験。乗車しながら次々と機械が洗う様子を 見て、「みんなありがと。あー、そっちもやってくれるのか!ありがとう」(脇門比呂子)

22.ママが思ってるよりも、私はママのことが大好きだよ/寝る前、やさしく悟すように言っ てくる7 歳娘。あなたがどんな愛情深い女性に成長していくのか、楽しみ(安藤裕子)

23.お母さんのお腹に赤ちゃんがいる!あのときお空に帰った赤ちゃんだよ?だってぼ くが呼んできたんだもん/流産後の妊娠。夜寝るときに長男が言った(福田重満子)

24.ぼくにはお金がないんだよ/時刻表を見ながら突然長男が言った。「お母さんを北海道 に連れて行ってあげたいんだけど…」と。その気持ちだけで母はうれしい(天野智子)

25.ママのこと大好きからね、悲しかったの/寝るときのママの上争奪戦 に負けた3 歳の双子姉が泣きながら。胸キュンです(西山妙佳)

26.私のこと忘れないで/ 6 歳娘が寝る前に突然。忘れるわけないよ!と伝える も、内心1歳の息子ばかりかわいがって娘には厳しすぎたかと反省(曽我幸恵)

27.ぼくが大人になったら、パパは出ていくんだよね/ パパに向かい、5 歳の三男は 笑顔で言い放つ。一家に、大人の男女は一人ずつしかいられないらしい(薄祥子)

28.○○ちゃん(次男)にあげるの/最近、長男の赤ちゃん返りに手を焼いていましたが、お やつの時間に、長男が弟に苺を分けていました。長男の成長が垣間見れて感動(藤川綾子)

29.退学するから/小3 で不登校になり、フリースクールに通う長男。義務教育の小 学校を自主退学するなんて大人にはない発想!退学届も書いていたな(安達真依)

30.ママ忘れてたよしょうがないなぁ/幼稚園グッズを忘れて登園させたと き、帰ってきて言われた一言。次はちゃんと入れてね。はい!(間橋友子)

 

(お母さん業界新聞2021.2月号 MJ30より)

■お母さん大学 詳しくはコチラ

■メール版 詳しくはコチラ

株式会社お母さん業界新聞社
神奈川県横浜市神奈川区大野町1−8−406
TEL 045-444-4030
FAX 045-444-4031