【笑母わはは通信】2017年12月

お母さん業界新聞 秋月版を書いています。その新聞内で、笑母(わはは)通信を、笑母メンバー水城祐子さんが書いています。

私は、柔らかい文章の中にある彼女の強烈なキャラと、芯のある表現が好きで、毎月原稿をもらうのが楽しみです。しかも、締め切り前にキッチリ仕上げてくれます。さらに得意技は、150文字以内でと言えば150文字で、180文字以内と言えば180文字で書きおさめることができるのです。いやあ~凄い。とはいえ、その得意技は今は封印。彼女の書きたいことを制限したくないので、文字数関係なく、彼女の心で書いた笑母通信にしています。

連投になり申し訳ありませんが、笑母が誇る笑母通信を、2017年の12月より随時アップしたいと思います。良かったら。。。目を通していただけると嬉しいです。

【全体】

【季節のご挨拶】

あっという間に1年が終わろうとしていますね。皆様、今年はどんな1年でしたか?どれだけ笑母(わはは)と笑っていられたでしょうか。来年は今年より笑って過ごせます様に。

さてさて、ひょんな事から書かせて頂くようになった『笑母通信』。笑母の活動紹介より、私個人の出来事を書いてしまうことの方が多かった気がします。反省。。。来年からはもっと活動内容を重視して参ります!とは言え、毎日一緒に居る子どもたち。溢れんばかりのエピソードがありますよね。なので、ちょこっとお知らせ出来たらなぁ。。と思っています。(結局、活動内容はちょこっとなんかーい(笑)⬅中村の声)

【本の紹介】

『しろくまのそだてかた』著うつみのりこ

先日、読み聞かせ講座に行った時に紹介された絵本です。読んですぐに『しろくま=子ども』と分かり、子どもの感情やお母さんの気持ちが共感できる感動の一冊でした。すぐに書店に走りましたが見付からず、只今ネットで注文中です。是非読んでみてください。図書館に置いてあります。

✴しろくまが一番好きなもの。それは、あなたのえがおです。

『わが家のほっこりエピソード』

偏頭痛持ちの私ですが、立っていられなくなる程の頭痛は最近なくなっていました。しかし、数週間前、久々にやってきました。辛い日曜日の夕方で、パパが休みだったので、子どもたちはパパが見てくれ、私は、布団にくるまっていたのですが、何やらガチャガチャと音が聞こえ始めました。

すると、数分後!!

『お母さん大丈夫?これ、食べられる?』と、長女が手作りのおにぎりをラップに包んで持ってきてくれました。感動と優しさに包まれて心から『ありがとう』を伝えて食べたおにぎりの味。一生忘れない。~その後眠ってしまった私。数時間後、目を覚ますと、次女も加わって作ってくれただろうおにぎりが、枕元に無数に並べられていた。

【さいごに】

笑母通信を読んで下さりありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。皆様と一緒に、お母さんを楽しんでいけたら良いなと思っています。2018年もみーんなで笑母(わはは!)

 

 

※笑母(わはは)とは↓

笑う母には福来る

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

10、7、4歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。