「お母さん業界新聞 あめちゃん高石版」 安藤ますみ(高石市)

子育てでいろいろな世界を楽しむ・つながる
「お母さん業界新聞 あめちゃん高石版」 安藤ますみ

妊娠7か月のときに大阪へ500キロの引っ越し!  新天地での出産、育児、仕事。右も左もわからず…そんなとき元職場(公共施設)で「お母さん業界新聞」を見つけ、5年ぶりの再会。「あ~懐かしい!」なんだか昔からの知り合いに会ったかのようなほっこり気分。

中にはいろんなお母さんの記事。感動と共感で涙があふれました。当時2歳だった娘を連れて、大阪で行われた(お母さん大学の)味噌イベントに参加したことを機に入学。しかし長くは続けられず、一旦やめてしまいました。

あれから10年。「お母さん業界新聞」をはじめて知ってから25年。先日娘の1/2成人式用写真を探し、子育てを振り返ったのをきっかけに、再入学を決意。しかも「わたし版」という小山も同時に登ることに。自分でも「できる?」と自問自答しながらですが、「足腰立ちません」とならぬよう、少しずつ足慣らし。気持ちや思いはいっぱいなんですが…(笑)。

赤ちゃんだった頃(最初の入学時)から記事が書けていれば…という思いは若干ありますが、10年間の子育ての振り返りと同時に、まだこの先も続く子育てを綴りたい。さらには、今だからこそわかる「子育ては“孤育て”ではない」ことや、いろいろな方のアンテナにヒットする「ジャンルを超えた子どもやお母さんに関するお話や情報」などを盛り込みたいと思っています。そしてこの新聞がさまざまなコミュニケーションツールとなるよう、イベント企画にもチャレンジできたらと思います。

まずは、たくさんの方々と関わり、子育て真っ最中のお母さんたちを応援すべく、なんとか「1年は続けること」を目標にしています。どうぞよろしくお願いいたします!

高石あめちゃん版編集長/安藤ますみ

1911がんばれ!編集長

全国版11月号コンテンツ▶

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。