乾杯ビールが届きました!◆乾杯4日前!

お母さんだから、子育てをするのは当たり前。
そんな時代でした。

子育てをがんばっても、誰もほめてくれないから、
自分で自分をほめてあげよう「いつもがんばってるよね」って。

お母さんががんばっているのは、子どものため、家族のため。

でも、たまには
自分のための時間、自分のためのご褒美が、あってもいいよねって。

そんな思いで始めたのが、
7月30日7時30分の乾杯企画でした。

当時のイベント名は「天晴れ!元気な女の夏祭り」

「お母さん」という枠をはずしたい…。
誰よりそう思っていたので、
あえて「お母さん」を、タイトルにはしませんでした。

お母さんだってがんばっている。
お母さんだって汗もかく。

ジュースでもなく、ウーロン茶でもなく、
時には、ビールで乾杯したい!

記念すべき、
はじめての「乾杯企画」を応援してくれたのは
キリンビールさんでした。

スーツを着てハイヒールを履いて、
手書きの企画書を手に、キリンビールの本社に向かいました。

ひと通り企画を説明すると、
「なんで、7月30日なんですか?」と、聞かれました。

日本中のお母さん、百万人のお母さんと乾杯したい。
今年は第1回の乾杯にして、来年も再来年も乾杯したい。
だからみんなが、絶対に忘れない、覚えやすい日にしたい。

当時はまだ30代=トランタン(仏語)で、子育て真っ最中だった私たち。
「ママだけでなく、ひとりの女性としても輝きたい」そんなセリフとともに
「夢」をテーマに「トランタン新聞」という新聞をつくっていた。

だから「30日」がいい。

最高に美味しいビールを飲みたいから、夏。
8月30日は、みんな子どもの宿題で忙しくてそれどころじゃないから
7月30日がいい。

という説明を聞いて、

「いいですね。面白い。応援しましょう!」

そう言って、
協賛金30万円と冷え冷えのビールを届ける約束をしてくれたのは…

当時はキリンビールのマーケティング部社員、
現在は天才漫画家、しりあがり寿さんです!

あのときの喜びは一生忘れない。

でも、その企画が、おかげさまで、今もこうして続いていること、
しりあがりさんには伝えていないなぁと、ちょっぴり反省。

でもまだまだ、百万人のお母さんの夢への道はほど遠く……。

29回目の今年の「お母さんが夢に乾杯する日」は、
来年30回目の乾杯に向け、新たなスタートを切る日にしたいと思います。

今日は、製造元のサンクトガーレン社から
「乾杯ビール」が届いた、最高にうれしい日!

あんまり美味しいので、
湘南オレンジと、パイナップルエールと、2本開けちゃいました!

クラファンをご支援くださった皆様のおうちにも
今日明日…届くと思います。が、皆さんは、
7月30日まで、栓を抜かずに我慢していてくださいね!

当日のプログラムを確認してください。
・今からでも乾杯イベントに参加できます。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本 裕子

株式会社お母さん業界新聞社 代表 お母さん大学 学長 お母さん業界新聞 編集長 娘3人、孫4人 大好きなもの:TUBE・温泉・ビール