大阪・小倉屋山本さんからお母さん記者へ。愛と昆布をお届け

「お母さん業界新聞大阪版」を創刊時から愛読していただいてる
大阪の老舗、嘉永元年(1848年)創業の小倉屋山本さんから
先日、一本の電話が入りました。

緊急事態宣言が出た今、昆布屋として何ができるかと考えたときに、
「休校中、三度三度のごはんづくりをがんばっているお母さんを応援したい」と
思ったんだけど…と、ご相談をいただきました。

不安いっぱいの中、
新聞やお母さん大学サイト(WEB)を通して、
全国のお母さんたちと一緒にがんばりたい!と
発信を続けているお母さん記者たちに
美味しい昆布を届けていただくことになりました。

全国に点在する
「お母さん業界新聞わたし版」編集長のおうちには
今週中に、昆布の詰め合わせが届きます。

社長の山本博史さんからのお手紙も。

お母さん業界新聞としては、電子版の無料サービスを行っています。
新聞屋としてできること、昆布屋さんとしてできること。
お互い様で助け合い、支え合えたらいいですね。

小倉屋山本さん、ありがとうございます!

<お母さん記者たちの発信はコチラ>
◆横山貴江記者
コロナ禍のなか昆布とマスクとみそまると

◆青島綾乃記者
#おうちみそまるコロコロ

◆戸﨑朋子記者
愛と昆布を受け取りました!

◆山本妙子記者
家族の笑顔が大好き

◆曽我幸恵記者
泣く子も黙る、老舗・小倉屋山本さんの昆布

◆植地宏美記者
味噌と昆布と芋けんぴ

◆吉村優記者
食べる楽しみで免疫up!

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪