全国の仲間を思う

私は生まれも育ちも今もかわらず大阪だけど

お母さん大学で知り合って

大阪から他県に行く人を何人も見送った。

その中の一人、松村さんが残してくれたセロテープを今も使っている。

正確に言うと

もったいないのでたまに使っている。

「お母さん大学  松村」のセロテープを見る度に

あのイベント、楽しかったなぁ

お引越しがなければまだ一緒に楽しくできてたかなぁ

また、会いたいなぁ

なんて思い出す。

金剛山イベントで子守隊だった夫の中のみぃちゃんはずっと小さいまま。

離れて行った方は大阪のことを

そして私たちは全国にいる仲間のことを思う。

まだ見ぬ人たちともいつか会えると思えるのはお母さん大学だから。

新幹線や道路をあちこちつくるより

こうして人と人が繋がる方がよっぽど日本を元気にするな。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪