妄想の月を終えて。

夢ひろばのコピペを完了して、スッキリした私です。

気付けば、12月は妄想で終了してしまいました(笑)

そして、2017年が終わって行きます。

自分の人生の中での大きな決断を、この12月でしてしまいました。

自分では思ってもみなかったことだったので、神様の計らいはすごいと感じざるを得ません。

 

とりあえず、今は妄想が確立して、ビジョンと呼べるものにまでなりました。

ここまでハッキリ描けたら、「夢」では終わりません。

私の夢は、「セカンドママを80歳のおばあちゃんになるまで続けること」です。

私は夜間の託児所をやっていて、それを80歳のおばあちゃんまでやるんだとばかり思っていました。

でも、夜間の仕事って、80歳までなんて到底無理な話だったかもしれないなと、今なら思えます。

 

夜子どもを預けるって、相当のことです。

昼間は普通に小学校や保育園、幼稚園に行ってるんですから。

お母さんも、昼も夜も働いているパターンがほとんど。

こんな無理のある生活をしている親子に、どれだけ寄り添えるかと、夜間の託児所を14年続けて来ました。

 

14年続けて来た夜間の託児所に終止符を打つことになろうとは夢にも思わなかった。

まぁ、すべて夜間の預かりをシャットアウトするわけではありません。

「託児所」という概念を取っ払って、私も含めた私の家族、私の周りの仲間や友人、ご縁があるすべてのお母さんや子どもたちが笑顔になれるには、私のやりたいようにやるのが一番だと感じた12月でした。

「セカンドママ」は夜のお仕事のお母さんだけが必要というわけではないですし。

セカンドママを80歳まで続けるのは、託児所の形を変えても可能ですもんね。

 

必然的な流れなんだろうけど、こんな大事なことをたった1カ月で1から見直して変えようと決めるなんてホントに考えてもいませんでした(笑)

 

夜間の託児所はやめます。

夜はお泊まりが基本として、昼も必要なら子どもを預かります。

そして、庭の広〜い古い一軒家に引っ越して、夏以外は毎日火起こししてなんか焼いて食べたり、夏は毎日水遊び。

昼間は毎日親子で遊べるみんなのセカンドハウスにします。

プレーパークみたいなことを毎日(笑)

児童館やつどいの広場、子育てサークルのような室内のやつの、外バージョン。

いや、外だから私がしたいの。

子育ては、外でするに限る!!と思ってる私。

外で遊び尽くした子どもは生きる力にみなぎっているので、大人になって困難が訪れても乗り越えて行けます。

そして、外では「ダメ」が極端に減るからいいんです。

子どもは野放し(笑)

遊びたいだけ遊んで、お母さんたちは子どもたちの本来の姿を見ることが出来ます。

お母さん同士がいろんな子育ての悩みを持ち寄り、話し、共感し、自分の子育てを見つめる機会、いろんな子育てを知る機会も増えます。

子どものためにも、お母さんのためにも、とっても楽な子育てが出来る。

そして、そこに集まるお母さん同士のコミュニティも出来る。

 

そんな「みんなのセカンドハウス」を創ります。

 

というわけで、来年は物件探しから始まります(笑)

まぁ、進めて行くうちに、ちっちゃな壁がドンドン立ち塞がるだろうけど、たぶん大丈夫だろうと(笑)

とりあえず、ひとつひとつクリアして行くしかないかな。

来年の早くて夏。遅くても晩秋までには引っ越す予定です。

わくわくだな♫

ABOUTこの記事をかいた人

齊木聖子

25歳で夜間託児所を開業、10年セカンドママやったのち電撃結婚、出産して念願のファーストママになりました。 セカンドママ業にも限界があると感じる昨今。 違う形で、私の活かし方を考えています。 プロフ写真は娘が撮ってくれました☆