やさしい子

おてんばさんな娘と、ハチャメチャな毎日を過ごしていると

心も体もゲッソリしてきて、

ちょっとした事が嬉しくて、ジーンとしてしまう。

皆さんにも、そんなことあるでしょうか。

 

お散歩でよく出会うおじさま。

玄関先に出てらっしゃる所に

 

私『こんにちは』

おじさま『ペコリ(と、会釈してくださる)』

娘『ブンブンブン(おじさまにバイバイと手を振り続ける)』

 

いつもそんな光景でしたが、

先日お散歩帰りで家に入ろうとしたところ、その前を通ったおじさまに、

『立派なお宅ですね。いやぁ。良かったですね。』

と、褒めていただき。

きっとおじさまは、この道をよく通っていて

数ヶ月前から誰かが住み始めたこの家を、

『あぁ、あの親子の家だったか』と

思い声をかけてくれたのかなぁ。と、

なんだか嬉しくなりました。

 

そして昨日、最近娘が好きな、卵焼きを作ろうと

冷蔵庫から卵を出すと。

 

『グチャ!』

私『あぁもーなんでかな~!』

 

卵を落としました(;_;)

そんな自分に呆れていると。

 

シュタタタ…!

ん?

 

娘でした。どうしたどうした、と見に来るのでした。

 

夫は毎度の事かと声もかけてくれない中、

娘は一大事のように高速ハイハイ。

 

その姿にジーンとして、卵をせっせと拭き、

そういえば…

この前おじさまが声をかけてくれたのも

いつもこの子が懸命に手を振ってるからかな。

こうしてドジをして、嫌になってもすぐに立ち直れるのも。

この子のおかげかぁ。

 

生卵を触りそうだったので、

結局はお父さんに連れていかれましたが…(笑)

 

やさしい子。

ありがとう、私のやさしい子。

6 件のコメント

  • >ちょっとした事が嬉しくて、ジーンとしてしまう。

    吉村さん。
    それは、あなたがお母さんだから。

    >心も体もゲッソリしてきて、

    吉村さん
    だから、心がジーンとするのです。

    子育ては、大事業。
    簡単なことではないから、苦し楽しを味わう。

    何かが生まれるときって、そういうときですよ。

    すべてのお母さんには、そのチャンスがあるのだけど、

    ただ、苦しい、大変だけで終わっていたら、

    もったいないな。

    だから、お母さんの感性を豊かにしなくちゃね。

    吉村さんは、それに、少し気づいているみたいだから、うれしいな。

    この記事で、わかるよ。

    それにしても、子どもの寝顔って、天使だというけど、本当に天使だね。

    わが子をじっと見ていると、「私はスゴイ!」って、思うと思うよ。

    お母さんは命を生む創造者。クリエイター、芸術家。

    あ、ちょっと褒めすぎね。

    あんまり褒めると、お母さんたち、調子に乗るからなぁ(笑)

    だから、お母さんにペンを持ってほしいだよ、藤本さんは。

    あらら、話がズレてしまいました。

    • そうなんですよね、苦しいし辛いけど、それを到達点にするにはあまりにももったいない。
      と、ついくじけそうな自分に言い聞かせています。
      ノートルダム清心女子学園理事長でいらした渡辺和子さんの本にある
      『苦しみ”を”無くすことは出来ない。でも苦しみを、苦しみ”で”無くする事は出来ます。』
      とあり、いつもそれが私の言葉のお守りです。
      私も寝顔を見てつい『私が産んだのよね…すごいよね?』と、思っていました~‼
      良かった藤本さんも一緒なんですね!
      お風呂に入って、お腹をさすって、この中でよくあんなに育った…とも思っています。
      ペンを持つことのパワー、だんだんと実感してきました。

  • あおちゃんの成長とともに、吉村さんがどんどんお母さんになっていくのがよくわかります。
    まさに「子どもが先生、キャンパスは家庭」ですね。
    お母さんのココロ、もっともっと溢れさせましょう!
    そしてそんなお母さんの仲間を、横須賀でいっぱいにしましょうね!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    吉村優

    横須賀支部「みよむら」の“むら”の方です(^-^) 2016年11月生まれの娘と、ジャイアンツ命な年上夫、 そしてサザエさんみたいな私の3人家族です。 元放課後児童支援員。子どもたちの「鬼大魔王」でした。 海風と、アメリカの風薫る横須賀に住んでいます。 笑えた日も泣ける日も、みなさんと共有出来たらと思っています。(^-^)