おせっかいおばちゃんへの道のり。

市外に行くとき、電車によく乗ることがあるんだけど、、

今日も久留米まで電車で。GO!

同じ車両に乗り合わせたお母さん。子どもちゃん3人。1歳、3歳、5歳ぐらい。1歳の子は抱っこひもだったのだが、、3歳5歳の子のグズりや、、1歳の子のグズグズ、、で、荷物もいーっぱい。パパもいない。

わたしが見た光景。それは、電車の床に1歳の子どもさんを置いた瞬間だった。動く電車の中。フラフラしながらお腹が空いたとリュックを漁る。それを制し、その床におすわりの状態で別のバッグから1歳の子のおやつを取り出し、お茶を取り出し、渡すお母さん。

たまらんかった。だけど、迷った。要らぬお世話だと一喝されるんじゃないか?うわぁ、3人そりゃきついよねー。わたしも3人いたら、どう決断するんだろう?5分ぐらい迷って迷ってわたしが決めた決断。

次の駅でわたしの横が空いたときに、ついに声をかけてみた。

「すみません。余計なお世話かもしれないんですが、抱っこさせてもらっていいですか?」

有り難いことに、わたしの気持ちをきちんと受け取ってくれたお母さん。気持ちよく、「いいんですか?良かったね!ありがとうございます!」と。

10分ほど膝の上に抱っこさせてもらった車内。みゆうちゃんは横でくまちゃんを見せて1歳の子をあやしてくれた。

 

ゴールデンウィークということもあり、あっという間に人が増える。真向かいのお母さんも見えなくなってしまった。。途端にグズりはじめ、、結局はお母さんの膝へ。

だけど、、わたしが目指すおせっかいおばちゃんへと、前へ前へ進めたような気がした1日。

おせっかいは受け取ってくれた人がいてこそ成立する。

受け取ってくれて本当にありがとう!

また迷って迷って、、百万母力まつりのチラシをそのお母さんに手渡しした私。。(笑)目の前で読んでくれていた。嬉しくって恥ずかしかったな。。(笑)

2年前、社協のイベントで声を荒げて子どもたちを叱っていたお母さんに何にも声がかけられなかった情けない自分とは、、サヨナラできた気がしている。いまだったら、お母さん新聞をさらっと手渡せる気がする!

おせっかいおばちゃんへの道のりは、、わたしの人生だ。まだまだ続く。。

11 件のコメント

    • 藤本さん(o^^o)
      ありがとうございます!
      受け取り方がうまくない方がたくさんいたような気がしていた、、ここ最近。。
      だけど違うんだなぁ。受け取ってもらえるんだなぁと。
      勇気を出して声かけて本当に良かった!と思います。
      お母さん新聞のおかげで繋がれたと思います!
      百万母力まつり、来てくれるといいなぁ!

    • みっこさん(^。^)
      そうなんです。タイミングが良かったのかも、と思います。
      だけど少し前と比べると、受け取り方が上手な方が増えてきているような気がしています!
      これからも元気なおせっかいおばちゃんになれるように、楽しみながら、アンテナを張りながら(o^^o)

  • 「おせっかいは受け取ってくれた人がいてこそ成立する」
    名言です!!
    タイミングや周りの状況でうまくいかないことも多いけど
    安藤さんの一言でみんなが救われることがあったら
    またがんばろう!ってなりますね。
    私も見習います♪

    • 宇賀さん(o^^o)
      名言(笑)((^_-)
      ありがとう!
      日々大変な方には大変な理由が必ずあって、どうしてもそれをしなくちゃならない理由→今回は1歳児を電車に置いたこと。。が、あるんだと私は感じています。
      だから、まずは大変な様子に共感すること、それから、、何かお手伝いできませんか?に、繋がるのかなぁと。
      まぁまずは、、自分自身もめいっぱい受け取りながら、ですね!
      実は受け取り下手やったりするんで(笑)楽しみまーす!

  • 素晴らしいですね!
    私も大変そうだな、声かけようかな、と思っても、
    余計なお世話かな、と思って迷ってしまうことがよくあります(;_;)
    見習って、困ってるお母さんに手を差し伸べられるよう、努力したいと思います(^^)

    • 藤川さん(o^^o)
      コメントありがとうございます!
      すっご〜く分かります。
      余計なお世話かな?って、しょっちゅう思います(笑)
      だけど、それが余計なお世話かどうかは、、言われた本人が考えることなんですよね!
      まぁまずは様子を見ながら聞いてみたいと思います!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    安藤裕子

    直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)