こどもの想像力

夕方、ご飯の準備をしていた。

日が長い最近。
6時過ぎても、家の駐車場で野球をする息子たち。

何かあった時のために・・・と、家の窓を網戸にして、私は台所で夕飯を作っていた。

すると、外から聞こえてくる長男の声。

「ここは、ヤフオク!」(福岡ソフトバンクホークスの本拠地・ヤフオクドームのつもりらしい)

その言葉に、思わず野菜を切る手が止まり、ひとり大笑い♪

はー・・・こどもの想像力ってスゴイなー。
こんな更地の駐車場が、息子の脳みそにかかれば、一気にヤフオクドームの世界になるなんて♡

そして、次男が投げる球を受ける長男。

2018/05/17 18:19

「お前は〇〇な!」
と、何やら聞いたことのない、外国人ピッチャーの名前を次男に向かって言っている。

次男はそのピッチャーになって、投げているよう。

2018/05/17 18:20

しかし・・・

「もっと外国人らしく投げろ!!」と
兄に叱られる始末。

外国人らしくって何なん!?

と思いながらも、狭い駐車場で2人で工夫しながら野球をしている様子が伺えて、また可愛い。

こどもたちの想い描くヤフオクドームで、どんな対戦になったことやら。。。

こどもたちの想像力って、面白いな~♡

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小5と小2のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。わたし版~筑前町ゆりかご版~を書いています。 仕事は、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・人と交わること・高校野球です♪