こんなに雨がスゴイ日は必ず思い出す、幼稚園の先生がかけたステキな言葉。

おはようございます。

ここ久留米は昨夜から雨風雷がスゴイです。

こんなお天気の日。

私には忘れられない、必ず思い出すシーンがあります。

何度かこの話は書いたことがあるので、
またか~と思う方もいるかもしれませんが。

我が子が通う「めぐみのその幼稚園」には園バスがありません。

ワケは

雨の日も傘をさして歩くという経験をしてほしいから。
バスに乗ってしまうとわからない道のりを楽しんでほしいから。
幼稚園に行くという時間を親子で味わってほしいから。

こんな園が私は大好きです♪

長女が幼稚園の時のこと。(なので、かれこれ6年ほど前)

いつも自転車で幼稚園への送り迎えをしている友人がいました。
雨風がスゴイので、お迎えに行くよーって電話しようかな~どうしようかな~と迷いながらも、

なんだかんだしているうちに時間がなくなっしまい
結局、声をかけることもできず我が子を乗せて私は車でヒョイっと通園。

そこへ、

想像していた以上にびしょぬれになったお友達親子が
カッパを着て一生懸命に自転車で来ていました。

私は内心、わーやっぱ大変だったな~。
早く声をかければよかった!!!と反省。

すると、、、

園で待っていた先生が満面の笑みで
「わーよか(いい)、思い出になったね~!!!」とその親子を迎えたのです。

その瞬間、そのお友達親子も満面の笑み。

声のかけ方一つですべてが変化していくんだな~

そして、もちろんおせっかいも大事だけれど、

やってあげることでその人の経験を奪うことにもつながるんだなと改めて感じた出来事でした。

私の中で大事に大事にしておきたい出来事です。

雨が降ったら、きっとおばあちゃんになっても話してる気がするなぁ

(画像は月一で開催している森の幼稚園 4月は雨の中。最高の雨日和でした)