パパのお説教

「話があるから、座りなさい」
夕飯後、パパがいきなりそう言った。

ただならぬ雰囲気を感じ、食卓の椅子に座る子ども達。
私もなんとなく同席した。

「最近、部屋が汚な過ぎる!
明日から夏休みだな。
8月中に、リビング・テレビの周り・自分の部屋。
全部キレイに片付けるように!」

ひぃえ~~、来た来た。
そりゃ最近汚いもんねぇ…
片付けろって言っても、全然片付けないし。。。
そりゃ夏休み中にやってもらわないとねぇ…

と思いつつ、雑誌を広げて読もうとしたら

「お前もだよ!」

と、私まで怒られた(笑)

はい、そうです。
私も最近全然片付けられていなくて。。。
でも、ほら。
あそこのテーブルの上だけは、キレイにしたつもりなんだけどなぁ・・・
だめ?(^^;)

そう思ったら「あれは片付けたうちに入らない。寄せただけだ」と…
はい、ごもっともで~す。

「ちゃんと片付けろ!
お前らだけが使う空間じゃない!」

「使わないものは捨てる」

「戸棚に入らないものは、戸棚の中のものを捨てる」

「服も冬物はちゃんと片付ける。
サイズアウトの服はリサイクルか捨てる」

「戸棚とか、収納ケースとか。
必要なものがあったら買ってやるから言いなさい」

いちいち、いろいろ言う。
これがお説教ってヤツかな。

あぁ、女親ってこんな感じなんだなぁ…
クドクド言うのって、よくないなぁ…
端的にわかりやすく伝えないとダメだよなぁ…

そんな風に思って、完全にブソくって聞いてた私。

でも、パパは上手に子ども達のやる気を盛り上げていく。
子ども達の気持ちに共感を誘って、
「掃除して、パパにいい気持ちになってもらおう」
って言う雰囲気にしてしまっている。。。

すげ~な、うちのパパ。

そんななか、最後まで
「へぇへぇ、やりゃいいんでしょ、やれば!」
「わかりましたよ~、やりますよ~」
と悪態をついていたのは、この私。

そして子どもたちには、ダメ母だと思われたかも(笑)
そしてパパにとっては、
子ども達よりも手のかかる、一番上の娘みたいになってるんだろうな~。

そんな風に、改めて感じた夜でした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。