娘と夕焼けを見て想う

娘と一緒に車に乗っているとき
とってもキレイな夕焼けを見た

「すご~い、キレイ!」
「ホントだ!」

同じものを見て、同じ気持ちになれる嬉しさもあり、
あまりにキレイな夕焼けだったので、
娘に車中からタブレットで写真を撮ってもらった。

何枚か撮影にチャレンジしたものの、
「全然キレイに撮れない!」
と悪戦苦闘する娘。

そして、彼女が言った言葉は
「電線が邪魔だな~!」

ソレは私が空を撮影するときに
常日頃思うこと。
娘がまた、私と同じ気持ちになってくれたことが
嬉しいなぁって思った。

そう遠くない未来に、
電気を自給自足できる世の中になったとき
この電線はなくなるはず…

そのときが早く来るといいな~

と改めて感じた瞬間だった。

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。