お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

長女の対応

先日、次女がお風呂上がりに

棚の上に置いてある保湿クリームが取れず

「だれか取ってぇ〜」と言っていました。

長女が近づき、私はてっきり 取って渡すと思っていたら

次女がギリギリ届く所までクリームを移動して

次女が自分で取れるように置き直してくれました。

私なら そのまま取って次女に渡していたので

その長女の機転に感動!

次女の「取れた」という喜びを体験できるための長女の行動。

私もそういう風に考えられる母にならないと…

と思った出来事でした。


写真は今日の一枚で、内容とは関係ありません(笑)

5件のコメント

ええええ!!!!気付かなかったーーーーー!(TДT)喜びを与えるための行動だったのかぁ。。。うちも、長女が下の子によくそうしてて、それをするたびに、私は『意地が悪いことをしないの!!!!!!!!!!!!』と、怒ってきました(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)(TДT)懺悔ー。。。。間違ってたーーーーーー。。。。かなしい。。

それは一概には言えないかと…
やってもらっている下のお子さんの気持ち次第なんではないでしょうか?
下のお子さんが「なんで取ってくれないの?」と思っているようなら、中村さんの対応は合っているんだと思います。
我が家の場合は、下の子が嬉しそうに自分で取っていたので(笑)

コメントを残す

ABOUT US
田村由佳利
わたし版「PARASOL静岡版」を発行しています。 わが家の先生は、9歳と6歳の 女の子。 大型二種、大型特殊の免許を持つ専業主婦。 本業は介護福祉士。