教えるべきことは何もないんだね。

子どもは知っている。

人生の目的を。

人はしあわせになるために生まれてきている、ということを。

大人はこの世に生を受けたときのことを、日々の忙しない時間の中で、少しずつ少しずつ忘れていく。

だから、お母さんに、お父さんに、人生の目的を思い出してもらうために。教えるために。ここに来てくれたんだと思う瞬間がある。

子どもたちの言動をよくよく見てみて。

必ず何か教えてくれている。

出産はパパとママが起こした奇跡ではなく、子どもが起こした奇跡だ。

ママをしあわせにしたい。パパをしあわせにしたい。自分のママって感じだったから。ママを笑顔にしたいから。そうやって、子どもがママを選ぶんだ。

何故この子はわたしを選んでくれたんだろう?

わたしに何を教えるために、いまこの子はグズり、幼稚園に行きたくないって言うんだろう?

そう視点を変化させると、新たな気づきが必ずある。子育てがうんと楽になる。

子どもに学ぼう。子どもは先生だ。

今夜はみゆうちゃんのお友だち、にこやんの、、生まれて初めてのお泊まりだった。

先月はみゆうちゃんがお友だちの家への初のお泊まり。元気に楽しそうに帰宅してくれた。

わたしは2人子育てを初体験。大変だけど楽しいんやな!

みゆうちゃんもにこやんも、ママの影響?人と接するのがだぁいすき!この2人は必ず人とたくさんたくさん関わる仕事に就くんだと思う。

人と関わりたい。

家族以外の人とたくさん関わりたい。

そんな想いが言動から溢れ出ている。

私たちがどう人と関わってきたかで、そうなっただけじゃないと思う。

自分の人生に必要だから、そんな言動に出ている。すごいなー。子どもって。

大人の事情なんて関係ない。突然なんて関係ない。いや突然だからこそ必然で。

子どもが何故一緒に遊びたいのか、子どもの真摯な想いに寄り添っていくことが必要だと思う。

何も教える必要なんてない。

子どもから学ぼう。

子どもはたくさんの教えをくれる。

聴く耳、観察する目、さえあれば。

ABOUTこの記事をかいた人

安藤裕子

直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)