1歳の息子が持つキャベツの重み

今日の買い物帰り、
キャベツ1個をどうしても持ちたがる息子1歳8か月。

少し持たせて、取り上げようとするものなら、
怒り狂って道端でゴロゴロ暴れまわる…。

仕方ないので持たせることに。

道行く人に

「すごいねぇ、かっこいいね」
「お手伝いえらいね〜がんばって〜」

と声をかけられ得意げな顔。

ピースして声援に応える。

そうそう、今日は給料日3日前。
ゴールデンウィークで散財したお財布の中身は寂しい。
あと3日分、何とか過ごしたい!と考えた献立。

買い物リストに沿って無駄なく購入した。

キャベツ98円。

ズルズル引きずりながら持ってくれた。

1歳児には重いよね。
うんしょうんしょと重そうに持つ息子。

そのキャベツ、家計を握る母としても、
思いがつまった重いキャベツです。笑

お手伝いありがとう!

家に帰ったら外側が擦れて破れてたけど、
無駄なく、大切に食べました!

(お母さん記者/

2 件のコメント

  • 連休明けの散財後 何処も財布の紐は硬いはず。
    その貴重な98円のキャベツは お母さんの宝物に思えたのかしら。
    1歳児にして男気を発揮してくれるあたり 頼もしい限りです。
    また ギャラリーの応援にもピースで答える余裕は大物の貫禄ですね。
    可愛いったらありゃしない。 抱きしめても足りないですね。
    無駄なく大切に食べられた事も家族で喜びの分かち合いです。
    経過の写真が全てを語ってくれてますね。

  • このキャベツをつくってくれた農家の方が、
    この記事を読んだら、涙するね。

    畑で、大事に育てたキャベツを、
    こんなに大事に、持ってくれる。

    キャベツは、生でも、焼いても、蒸しても、おいしいね。

    キャベツさんも、喜んでいるよ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集部 青柳 真美

    お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。