お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

七夕…4歳の願い事

保育園から
短冊に願い事を書いてくる宿題が出たのが月曜日。

その日から提出する木曜日まで、
毎日、願い事を娘に尋ねた。

月曜日
「明日も元気でいられますよーに」

したいこと、なりたいこととか何でもいいとよー?
と話すと

「なわとびがとべるようになりたい」
「公園でブランコに乗りたい」

ってことも言っていたけど、
それに決めるかを確認すると、

「やっぱちがーう」
というやりとりが火曜日も水曜日もあって、
最終日を迎え、最後の質問。

今日、短冊を持っていくけど、願い事は何にする?

娘の答えは
「明日も元気でいられますよーに」

あ!じゃなくてー
「いつもといっしょでげんきでいられますよーに」

ぶれることなく、
元気でいられることを願う4歳に欲深な母は完敗です。

きっとずーっと元気でいられるんだろうね。

(お母さん記者/

2件のコメント

うちは今日、幼稚園で七夕集会で。
こないだ和紙染めの短冊に願い事を書いて持たせたよ。
なかなか願いが出てこず、〆切ギリギリまで粘って出たのが「みんないっしょ」
「みんなとずーっといっしょにいられますように」だった。
ほんちゃんの願い事も、にこの願い事も、みんなの願い事も叶いますように(*^^*)

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。