ないなら作れ作戦

幼稚園でどろんこになった服を洗濯石鹸でゴシゴシしていた時、ぬりえをしていた娘。

やけに静かだなぁーと思って見に行くとコレ。

電池切れでした。

うちの幼稚園は年少からお昼寝がないので、帰ってから眠くなることは少なくない。

しばらくこのままにしといて、少し家事を済ませて、足が痺れるかもなと起こしてお風呂へ。

寝足りないと思考回路がショートする娘。

理不尽要求がエスカレートします。

お風呂はまぁ、難なくクリアしたけれど、夫が帰ってからスイッチ入りました。

「ドラモリさん今から行く」

「さっき言ったのは明日でもいいから行かないよ」

「あ!父ちゃん帰って来た!」

「…じゃあ、父ちゃんと言ってきたら?母ちゃんご飯作るから」

そこで、なにやらピーン!と思いついた顔をしたんよねー。

「あ!レンジのピッてするの買う。およふくのとこにあった!」

「…まさか。りかちゃんのレジのヤツ?バースデーにあったヤツ??」

 

入園準備の買い物で連れて行ったバースデーで、店内響き渡る大声で「買ってーーー!!!!!」と泣き叫んだアレか!!

そういえば、「父ちゃんかばぁちゃんに言いなさい。母ちゃんはお金ないから買えません!」と苦し紛れに言ったな。

アレを覚えていたのね。何カ月前だよ。

で、今父ちゃんと買い物行けるなら買ってもらえるという算段。

 

「なに?レンジって?」

「りかちゃんのレジのおもちゃなんやけど、7000円もするとよ。」

「はぁ?父ちゃん買わんよ。誕生日でもクリスマスでもない時に、そんなん買いたくない」

あぁー、夫が至極まっとうな人でよかった。

「4歳のお誕生日に買ってあげるよ」

「イヤァー!!!今がいい!!!」

そう来るよな。

お金の話をし、誕生日のお祝いの本当の意味を話し、本当はプレゼントというものは…と、今は買えない理由をとうとうと述べるも、眠い娘は理解しようともせず、、、。

「あ”ぁーーーーーー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!!!!!」

ひた大号泣。

 

いやいや、だいたい子どもはおもちゃがなくても遊べる遊びの天才。

おもちゃとかいらん。

子どもの創造力を発揮すれば、どんなことも楽しさに変えられる。

それを知ってるやん。私。

 

で、提案。

「ほら!ここに空き箱があるけん、コレでレジを作らんね!ダンボールもあるよ!ないなら作る!父ちゃんは、きっとこういうの得意やけん☆」

「え?!オレそんなの作りきらんよ」

「ここにレジの打つヤツ書いて、でここにこんなんがあって、、、。カンタンでいいと。絶対喜ぶから」

ドーンと空き箱持ってきたら。

一瞬、キラッと眼の奥が輝いたの、見逃さんやったよ。

「コレがいい!!」

で。作り出したふたり。

しめしめ。

どうだ!!

出来たやん♪♪

私がご飯作ってる間、後ろでお買いものごっこが始まり、なんとも楽しそう。

ほら♪

泣いたカラスが笑った!

にっこにこで遊んで、そのまま上機嫌でご飯も食べて、寝るまで寝ぐずりなしでした。

 

誕生日、りかちゃんのレジのおもちゃ、覚えてるかなぁー?

それとも、このダンボールのレジがあるからいらないと言うかなぁー?

とりあえず、昨日は娘の機嫌が直ってよかったよかった!と夫婦でにんまりでした。

ABOUTこの記事をかいた人

齊木聖子

25歳で夜間託児所を開業、10年セカンドママやったのち電撃結婚、出産して念願のファーストママになりました。 セカンドママ業にも限界があると感じる昨今。 違う形で、私の活かし方を考えています。 プロフ写真は娘が撮ってくれました☆