小学校からのお便り

子どもたちが、
新型コロナウイルスに関する対応について、
小学校からお便りを持ち帰ってきました。

表面は、保護者向けの、早めの受診や
学級への連絡を呼び掛ける連絡でしたが、
裏面は、漢字にはすべてフリガナがついた、
子どもたち向けになっていました。

その内容は、一人一人が、小さなことでも、
何ができるか、何をしてはならないか
考えてみるように、という呼び掛けでした。

自分の健康管理だけでなく、
感染拡大の防止に向けて懸命に働いている
ご家族を持つ、みなさんの仲間を傷つにけるような
言葉や言動をしないこと、
不安な気持ちを抱えている人を見かけたら
優しく声をかける等、一瞬に支えてあげること、
もし傷つけられたら先生や信頼できる大人に相談すること…

さらに、教室では、
ただお便りを配布するだけでなく、
先生が読んでくれたそうです。
学校の本気度が伝わってきました。
家でも再度、子どもたちとお便りを読みました。

ABOUTこの記事をかいた人

山中菜詩

こども3人の5人家族です。毎日ドタバタのてんやわんや。笑いも噴火も絶えません。