お母さんの不在

先週日曜日。

私は、仕事に関係する学会参加のために、

朝から夕方まで、丸一日家を空けた。

以前から、夫と息子たちには言っていたことなので、

快く送り出してくれたものの、その日は雪の散らつくさむ~い日。

元気とエネルギーの在り余った息子たちは、外出することもなく、ほとんど家にいたらしい。

 

学会が終わり、「ただいまー!」と私が帰宅すると、なぜか突然ケンカが始まる。

「えー!!!??帰ってきてこれー??」と、

缶詰めで勉強してきた私の疲れを助長するような2人の姿に呆れるやら腹が立つやら。

 

でも、ふと感じた。

夫の前では激しいケンカは見せていないはず。

お母さんである私が家に帰ってきたからこその、息子たちの安心と、

一日我慢していたフラストレーションが、ここで爆発したように感じた。

やっぱり、「お母さん」の不在・お母さんの「存在」がある無しは大きいんだな~と

嬉しくも感じた出来事だった。

 

 

そして、今日。

夕方、長男の小学校の担任の先生から電話があった。

「あっくんが、昼休みに上級生とサッカーをしていて、

どうやらぶつかったらしく、首や頭や顔を痛がっています。

午後の授業もままならなかったので、保健室にいます。

迎えに来てあげてください。」と。

 

久留米の折り込みから帰宅したばかりの時。

急いで小学校に迎えに行くと・・・

 

保健室に、青白い顔をした息子がいた。

「痛かったね。よう我慢したね。」と声をかけて、身体をさすると

私の顔を見て、涙目に・・・

帰りの車の中で、「気持ちが悪い・・・」と言ったかと思えば、

帰宅してすぐにトイレに駆け込み、嘔吐。

 

でも、吐いてスッキリしたのか、私の顔を見て安心したのか、

青白かった顔に血色が戻ってきて、赤身を帯びた顔色になってきた。

明らかに、ホッとした様子だった。

 

実は、今日の夜。

小学校の役員をしている私は、会合があったのだが、

そんな息子を家に置いておくわけにもいかず(よりによって、夫が仕事で不在だったので)、

同じクラスの役員をしている友達に事情を話し、欠席させてもらった。

 

「体調悪いときに、母さんがおらんかったら不安やろ~。

役員やけん、学校もホントは行かないかんけど、側におってあげるよ。」と言うと、

安心した様子で、みるみる元気が出てきて、食欲もいつも通りだった。

 

何てことはないんだなー。

ただ、「お母さん」がいてくれたら、それだけでこどもは安心するのかな。

(雷がよく落ちる母さんだけど)

そんなことを感じた、2つの出来事。

 

6 件のコメント

    • みっこさん。ありがとうございます。
      最高のお褒めの言葉を頂き、嬉しいです♡
      私が入学してからずっと、みっこさんに見守って頂いているからこその、変化や成長を感じて頂けるのですね。

      ここで、「お母さん業」を学ばせて頂いているからこそです!
      もっともっと、「お母さん」を楽しみ、深く自分のいる場所を掘り下げていきたいです!

    • 藤本さん。ありがとうございます。
      学校では、自分からは何があったかは担任の先生に言わなかったそうです。
      息子の様子がいつもと違うことに気付いた先生が、
      「どうした?何かあった?」と尋ねると、ワ―!!っと泣き出し、
      事情を話したとのことです。

      息子の表情を見て、「あ~、お母さんの役割・存在って大きいな」って
      改めて感じさせられました。

    • なおちゃんのコメント・・・
      もー。。。「ズッキュ~ン!!!!」って胸を打ち砕かれたような嬉しすぎる衝撃だったよ!

      「私ももっとお母さんやれる!!」って言葉、スゴイ!!
      嬉しい♪たくましい♪勇気づけられる♪

      そんななおちゃんの感性が大好きだよ!

      この言葉って、すっごい名言の気がするんだけど。
      「お母さん大学」のスローガンになりそう☆

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    近藤美和子

    岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小5と小2のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。わたし版~筑前町ゆりかご版~を書いています。 仕事は、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・人と交わること・高校野球です♪