お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

ステイホームのこどもの日

このステイホーム期間、頑張ってるからと、おもちゃを買い足した。

そして、その時に

“どうにもならない場合のおもちゃ”

という隠し球の存在があった。笑

どうにもならない場合を待つんじゃない!!

今日はこどもの日だ!

おもいっきり楽しんで、過ごそう!と、解禁

うわ!え!すごい!と、嬉しそうに遊ぶ!!

でも。一日これで持たない…!!

 

今日はとことん遊ぶ!と決めたので、午後は絵の具を!

お絵描き!ハサミや画用紙を使ってこいのぼり作り!

長男の初節句の時、足型とったから4年ぶりにとってみよう!と思いたち、足に赤色を塗り塗り

筆がくすぐったくて大笑い!

次男の足型も。

こちらは水色!

何されてるの?ぼく。。とポカーンとした表情。

 

長男に、「赤ちゃんの時の足型と比べると、こんなに大きくなったんだね!」と話した。

 

それを見ていた旦那が、「俺たちもやるか!!」と言い出した!

「え?うん!やるか!」と乗った私。

「じゃあ、ぼくが塗ってあげる!ほら、かーたん!足出して!」

と長男に言われ、オレンジ色を塗ってもらう。

くすぐったい〜と大笑い。

ニヤニヤしながら、ほら!じっとして!と念入りに塗ってくれる。

何も考えないで塗ったから、座った体勢から片足で立ち上がれないし、足型ぺったんしたあと、母をお風呂まで抱っこしてくれる人はいない!!

片足で立ち上がって動いたら、絵の具のついた足が長男のTシャツに!!!

きゃーーー!!大惨事!

ケンケンでお風呂場まで行く母の姿にみんなで大ウケ!

(笑ってないで助けてよ!!)

そんな私の失敗した姿を見て、旦那はお風呂場のそばに腰を下ろし、緑色を長男に塗られる。

「とーたんの足、でっか!!」と言いながら、絵の具がどんどんなくなる!

くすぐってやろう!と長男と企んでいたのに、ぜーんぜん効かない、つまらない…!!

 

よーし!4人分揃った!!

足が大きければ大きいほど可愛くない岸家のこいのぼり!

 

ワイワイしながら、楽しんでたら

「あ!布団干しっぱなしだった!!」

大慌てで布団を取り込みに。

子どもたちも取り込んだ布団にダイブしに寝室にやってきた!

「あー!ほら、どいてーー!!」

そんなことを話していたら

寝室に絵の具の足跡がーー!!!

だれーー!??

緑の足!!

 

 

 

犯人はとーたん!!!

「ちょっと!!ちゃんと洗って、拭いてきてよーーー!」

かかとに、まだ緑色残ってるし!!!

 

長男が生まれて4年目のこどもの日。

そのうち2年は初節句。

あとの2年も、どこかのこいのぼりと笑いながらの写真ばかり。

今年はお家でこいのぼり。ちょっと残念と思ったけど、そんなこと思う暇がなかった!!

ワイワイするのも悪くない!!

12件のコメント

ずーっと我が家はこんな感じで座らせてもらえません!
なのに太っていくのはなぜでしょうか?笑
緑の犯人が足洗ったあとのお風呂場も緑でした…
でっかい人、しっかり!!!と、思いつつ。
ケンカになると面倒くさいので、心の中に留めました!笑

昨日だけね。笑
今日はおつかれかーさんだったので、好きに遊んでもらいました。
にしても。
いつもお片付けかーさんに徹してるひろちゃんの大変さが身に沁みたよ。笑

きっと登園していたら、こいのぼり製作していたんですよね。
いつまで足型とるのを付き合ってくれるんでしょうか。
今は順番に並んでいるけど、子どもたちに抜かされていくんだろうな〜!

めっちゃ素敵な鯉のぼり〜

大人の足を絵の具でぬったこと、一生の思い出にきっとなりますね♪

個人的には「どうにもならない場合のおもちゃ」に入れられたオモチャたちがどんなものなのかが気になります(*^▽^*)

「どうにもならない場合のおもちゃ」は、第1弾がトミカで遊べる消防署。第2弾がこの写真のパズル道路です〜。組み合わせて使って遊んで欲しいのですが、並べては眺め、ちょっとでも動かすと、やめてーーーー!!!と怒られます。
まだまだ続くので、あまり沢山は買えないけど、頑張ってる子どもたちが楽しんでもらえるように、この箱に入るアイテムを夫婦で検討中です。

青島さーーーん!!
コメントありがとうございました!
遅くなってすみません!
こどもの日は特別な日になっていけたらいいなぁ!
少しでも家族で楽しかったな〜!って思ってもらえたら、嬉しいです^ ^

コメントを残す

ABOUT US
岸千尋
https://www.okaasan.net/author/kishichihiro/ 小中高と横須賀で育ち、父の転勤で東京へ。縁あって横須賀に戻ってきました! 小1・年少早生まれ兄弟の母。MJプロ。 いつも息子たちを追っかけて、泣いて、笑って、忙しい毎日。 あっという間に過ぎ去っていく日々をペンを持って書いて行きます!