受け止め上手に

毎日、毎日雨続き。
九州・朝倉に住む私は、3年前の西日本豪雨を経験し、今回の熊本の豪雨災害も決して他人事ではない。
「止まない雨はない」と言うが、本当にそうなのかと思いたくなるほど、毎日雨・雨・雨。
しかも、雨の降り方が尋常じゃない。
どんより曇り空は、気持ちもどんよりさせる。

土砂降り・雷・突風・・・容赦なく、自然の猛威は人間に襲いかかってくる。

今年の梅雨を経験し(これからの日本は、【梅雨】ではなく、【雨季】になりそうだが)、
今、私の中に芽生えたことがある。

自然の力を止めることは誰にもできない。
雨も風も猛暑も台風も。

雨が降れば、家の中でステイ。
雨が収まるのを待つしかない。

自然の中で生かされている私たちは、自然の起こすことを受け止めていくしかないのだと、
家の中から雨を見ながら、ふと思った。

どんどん激しくなる異常気象。
それを食い止めるべく、暮らし方を変えていく小さな努力はしたいと常々思っているが、
今、起こっていることに逆らうことはできない。

雨が降れば、風が吹けば、雷が鳴れば、
身をひそめ、無事に安全に、身を守る行動を起こすのみ。

きっと、太古の日本人は、もっともっと自然と共存して、
自然のすることを受け止めながら、謙虚に暮らしてきたはずだ。

天気予報通りにはならない、この、どうにもならならい天気の元で毎日暮らす中で、
【受け止めていく】ことを大切にしたいと思うようになった。

人間の力ではどうにもできないこと。

あらがうことなく、受け止めて、対処していくこと。

きっと、人生も一緒。

蝉がうるさいほどに鳴き、広がる青空が、恋しくてたまらない。

DSC_0787

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小6と小3のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。3年前から、わたし版【筑前町ゆりかご版】を書いています。 また、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・歌うこと・人と交わること・高校野球です♪