久しぶりの母校で母学ぶ

若かりし頃に3年間通った道を歩く、というか登る。

今日は次男の吹奏楽部卒業演奏会だ。

 

山の中にある高校。

坂をひたすら登った先にある。

登山道の入り口もあの頃と変わらずにある。

門をくぐっても階段。

そして校舎は見えない。

 

よく、こんなとこ、かよって、た、よ、なぁ。。。ハァ、ハァ。。。

あかん、すぐに息切れ。

マスクなんかしとれるかーーー!

 

お母さんらしき日傘の婦人に颯爽と抜かされた。

妙なライバル心が湧いてくる自分に笑いがこみあげる。

ええねん、ええねん、マイペースで。と自分をなだめつつ登る登る。

あ、昔はこんな表示なかったなぁ。

お!あと少し、がんばろ!

いえ〜い!GOAL❣️

ほんのちょっとしたことで、こんなにやる気って出るんだね。

 

子育てとかさぁ、ダンナへの声かけも

ちょっとしたことなんだろうなぁ。。。。

 

私、そういうやる気が出る声かけ下手かも。

30年ぶりの学校でまた学ぶ夏。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

チャレンジド助産師☆いわゆる障がい児・者のための助産師です。障がい児の子育て支援や、性教育に携わっています。重度の知的障害・自閉症の長男22歳、高校3年生男子、6歳の娘のお母さん。お母さん大学歴は長いが投稿少なし。サイト変更についていけず練習中。NPO法人そらしど代表理事。