お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

母への思いから

お母さんを早くに亡くし、

まさか亡くなると思っていなかったから

何も恩返しが出来なかった。

だから、世の中のお母さんに何かできることがないか…

と、独身時代から

子育て支援に関わって来た 高橋一人先生。

コロナ禍になる前は、いつ働いているの?と思うくらい

子育て支援のあちこちに顔を出していた。

その理由が、最近わかった。

先生は、歯が生え変わる小学校低学年という

なんとも狭い範囲の患者さんをターゲットにしていて

学校がある時間には、クリニックを開けておく必要がない。

なのでその時間は子育て支援のあれこれができるとのこと。

そんな お母さんたちへの愛が溢れている高橋先生のお話

聞いてみませんか?

あの銀色の歯科矯正の器具をつけても

根本が解決しなければ、器具をはずしたら戻ってしまう。

なるべく矯正器具をつけずに歯並びを改善したい!

という、ここもまた珍しい考えの高橋先生。

何度か先生の話を聞いているけど

「へぇ〜!」と思うことがたくさん。

まだまだ参加者募集中です。

一緒に「へぇ〜」って言いませんか?(笑)

歯並び矯正専門医による無料セミナー「歯と健康を守る、歯並びと呼吸の関係」参加者募集

コメントを残す