お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

お母さん業界新聞静岡版 11月号ちょこっと紹介

静岡版はこの11月で、5周年を迎えました。
今号は、5周年を意識して
いつもとちょっと違う表紙にしてみました。

撮影場所は、浜松市北区の「久留女木の棚田」
撮影に臨んでくださったのは、遠州綿紬を身にまとった横井理恵子さん親子。
トンボが飛び交う棚田での、秋を感じる撮影でした。

【コンテンツ】
●特集/えほん箱プロジェクト・親子で開く絵本の世界
●百万母力コラム/言葉にできないあたたかい時間
●えほんびと/キッズいわきぱふ代表 岩城敏之さん
●パパスタイル/島田市大井神社神主 片川大輝さん
●静岡Story/大鈴屋豆腐店(焼津市)
●キニナル/苔の魅力を広める 「苔g」三浦隆平さん
●MJ30/子供が喜ぶ読み聞かせ絵本

どのコンテンツもオススメです。
ぜひ手に取って読んでください。

(お母さん業界新聞静岡版編集長 田村由佳利)

2件のコメント

5周年、おめでとうございます!
私この母子の写真とても素敵だと思います!
子どもが大きくなっても、お母さんはお母さん、
一緒に写ってくれるなんて、本当に素敵な息子さんですね。

ありがとうございます♬

ちょっと照れながらの撮影で、いつもとは違って新鮮でした(笑)
いっしょに写ってくれる幸せ、お母様も感じていらっしゃいました。
見ていた私も幸せを味わいました。

コメントを残す

ABOUT US
田村由佳利
わたし版「PARASOL静岡版」を発行しています。 わが家の先生は、9歳と6歳の 女の子。 大型二種、大型特殊の免許を持つ専業主婦。 本業は介護福祉士。