パンづくり発祥のまち、横浜

横浜は、近代的なパンが初めて日本人によって市販された町。
現在の横浜港郵便局(中区日本大通5-3)付近にあった外国人向け日用食品街の一角で、
フランス人からパンの製法を習った内海兵吉が1860 年に「富田屋」を開いた。
当初は、「焼きまんじゅう」のようなものだったが、パンの元祖として知られることとなった。

(お母さん業界新聞横浜版 2021.4月号 ハ・ハ・コ・ミ NEWSより)
4月12日は「パンの記念日」だったことから、
パンにまつわる記念碑を紹介しました!

横浜市綜合パン・米飯協同組合
http://www.sougoupan.or.jp/

横浜市の学校給食給食を担っています。
学校給食が子どもたちにとって、安心安全な食事であり続けるために、
同じものを同じ材料で、また管理体制をしっかり整えるために、
組合としての役割を果たしています。

また、組合員で企画した「横浜開講カレーパン」も人気です。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。