ぼくたち夫婦の計画

横浜市金沢区で育ちました。

広告の営業をしながらさまざまな地域活動をし、36歳で結婚。今年6月の第1子誕生を機に、仕事を辞めました。

「子どもが生まれたら、主夫をやる」と話していた、ぼくたち夫婦の計画通りでした。理由は、奥さんのほうがぼくより収入が良かったからです。

ぼくの母もそうでしたが、「男が働いて家族を養うんだ」という方が多い。というかほとんどだと思います。ぼくたちは「子どもにいろいろな経験をさせたい。自分たちが心に余裕を持って子どもに接したい」そう話し合い、「お金って1番ではないけど、すごく大事だよね」という結論に至り、主夫の道を選びました。

育児をしてみて、「幸せ」しかないです。しんどいことも辛いことも、毎日のようにあります。でも、たった1つの理由で、全部リセットされます。

それは「子どもがかわいい」ということです。育児をする方ならわかると思います。生まれてから数か月は毎日寝不足で、理由もわからず泣かれて、自分の時間なんて全然なくて、それでもやることは山ほどあって、しんどい、辛い。でも、子どもの寝顔を見たらかわいい! 笑顔を見たらかわいい!キュッと自分の指を握ってくれてかわいい! とにかくかわいい! あ〜、がんばろ♪って。

最初に触れましたが、ぼくは地域活動をしています。活動中も子どもと居られるので、本当に楽しくて幸せです。「横浜市金沢区の地域活動家ツン」として、さまざまな活動をしていますので、応援よろしくお願いします。

(お母さん業界新聞横浜版 2021年11月号 パパスタイル より  二見 翼さん)

二見さんがお子さんとの日々を綴っているInstagramもごらんください。
https://www.instagram.com/otenchan0614/

■お母さん大学
フツーのお母さんたちが、日々の子育てを綴っています。
詳しくはコチラ

■メール版
平日の朝8時にほっこりメールが届きます。
うっかりしていると、満員電車でうるうるしてしまうことも。
アブナイアブナイ…そんな子育てのあったかさ満載のメルマガです♪
詳しくはコチラ

■横浜版入手先はコチラ
配布場所はお母さん記者が手配りしている一部の場所です。
お住まいのお近くの場所をお教えしますので、ご連絡ください。

(お母さん業界新聞横浜版編集長 植地宏美)

ABOUTこの記事をかいた人

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子がいます。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。