お母さん白書2020「コロナ禍を生きる母たちの記録 マザーリポート」Kindle版出しました

2020年は特別な年になりました。
学校が休校になったり、外出禁止になったり。
お父さんも会社を休んで、家族で家にこもりました。

こんなこと、今までなかったことで
もちろん最初はみんなあたふた。
でも時間の経過とともに、その様子が変わってきました。

家族の会話が増えたり、
子どもたちが率先して家事を手伝ってくれたり…。

緊急事態宣言が解除され、長い春休みが終わった7月。
学校や会社は始まりましたが、
「新しい生活様式」に慣れない私たち。

コロナは思いのほかしぶとく、
いつ終わるともわからない7月に、母たちはペンをとりました。

35人のマザーリポート(手記)を、たっぷりとお読みください。

また、コロナ禍によって
多くの気づきや変化を経験した母たちの「今」を残そう、と
「コロナ禍のお母さん緊急アンケート」をとりました。

それに応えてくれた1205人のお母さんたち。
記述欄には、あふれる母の思いが綴られていました。

10年後、20年後、50年後、100年後の子どもたちの未来を思い、
この先の生き方や在り方を問う、母たちの姿…。

一日も早くコロナが終息し、
子どもたちの笑顔が戻りますように。
子どもたちの笑顔は、万国共通の母たちの願いです。

表紙には、
「不可能を可能にする」という花言葉を持つ、青いバラ。
一凛のバラは、一人ひとりのお母さん。
そして裏表紙には、青いバラに包まれた地球(石坂香)。

一人のお母さんの力は弱いけれど、
百万人のお母さんがつながれば、
とてつもなく大きな力になると信じています。

「百万母力」という言葉に思いを込めて。
今日も「お母さんの笑顔」をつないでいきたいと思います。

「コロナとお母さん」にフォーカスした一冊、
皆様、ぜひ読んでみてください。

リポートやアンケートに協力してくれたお母さんたちへ。

お待たせしていた「マザーリポート」、
ようやくKindle版(Webで読む電子出版)として一冊にまとめることができました。
予定より発行が遅れたことをお詫び申し上げるとともに、
協力いただいた皆様一人ひとりに、心より感謝を申し上げます。

Amazon Kindleストアにて販売を始めました。

★Kindleのアプリをパソコンやスマホ、iPadなどに
インストール(無料)して読んでいただくことになります。
詳しくはコチラをご覧ください。

メディア用プレスリリース▼

※なお本書は単ページで編集しているため、見開きではなく、単ページ表示でお読みください。

マザーリポートについてのお問い合わせは
お母さん大学まで。
info@30ans.com 045-444-4030
(090-1456-2536 青柳)

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。