お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

3件のコメント

もう残念!!!
私はお隣の駅だからと思い込みだけで正午過ぎそちらへ出向きました。
何年も出かけてないイオン・・・
駅も変化しているしイオンというだけで入り口から入ると巨大すぎる店内に圧倒され
探しても見つけられず、案内で尋ねてもわからず戻ってきました。
そしてもう一度確認すると、別の場所だったことがわかりました。

スマホなし、思い込みというのが重なって残念な事でした。
久しぶりに散歩ができて、街の変化に気づくことはできました(笑)

えええええっ、来てくださったのですね。
茨木にイオンは2つあって、

私たちがいたのは
イオンスタイル新茨木。

もう一つは、
イオンモール茨木。

そちらへ行かれちゃったのですね。
お会いできなかったのは残念ですが、
徒労に終わってしまいましたね。
申し訳ない感じです。

ミソガールとして
ステージ初デビューのアミソも
がんばってくれたし、
大阪の皆さん、ノリがいい方ばかりで、ものすごく盛り上がりました。

また関西のときは、ぜひお会いしましょうね。
ありがとうございました!

隣の街なのにほとんど行くことがありません。
イオンができたころ2回ほど行っただけで、まさかあんなに変化しているとはつゆ知らずでした。

徒労だとは思いませんよ。
イオンに来ている人間観察はちゃんとするんですから。(笑)
子連れが多くて、フロアーを子どもを乗せる汽車も走っていました。
ところどころには休憩所もあるので、お父さんもそこで待っていたりできます。
イベント会場では動物愛護のキャンペーンを兼ねて、子ども連れが集まっていました。

昨夜遅くに情報を知ったんです。
あみさんの記事もずっと読んでいたし、乾杯の日の出会いもあって大阪デビューだとわかったので
今朝になって茨木イオンという思い込みだけで行ったんです。

戻ってから確認して様子が報告されていたので満足です。

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。